「文系学部廃止」の衝撃 集英社新書

吉見俊哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208238
ISBN 10 : 4087208230
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;18

内容詳細

「文系学部廃止」の報に沸き立つわが国の教育界。
理系偏重の学部再編を推し進める「官僚の暴走」により、近代日本の教養の精神はここに潰えてしまうのか?
大学論の第一人者が驚愕の舞台裏を語る。

【著者紹介】
吉見俊哉 : 1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。同大学副学長、大学総合教育研究センター長などを歴任。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専攻としつつ、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な役割を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 緋莢 さん

    「大学は、何に奉仕すべきか?」2015年6月、文部科学省が出した「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」という通知は、「国が文系学部を廃止しようとしている」と各メディアが報じて、騒動となった。事の経緯を見誤った報道ではあったが、「文系」軽視の傾向は否定できないものがある。「役に立たないが、価値はある」という風説の真意を探り、「文系的な知」が役に立つ論拠を提示。実効的な大学改革への道筋を提言した本。

  • Ecriture さん

    これは読んでほしい。文系学部廃止論は、メディアや知識人が安倍政権叩きのネタとして過剰に受け止めたきらいはあるが、文系が不要と認識される下地があったことは大問題。反論した教員たちもリベラルアーツ・教養教育・人文社会学の区別がついておらず、有効な反論が少なかった。文系学問に属すると思っている教員が、「文系学問は役に立たない。しかし役に立たないものにも価値がある」とよく考えもせずに開き直って主張することを、ウェーバーの「目的合理的行為」と「価値合理性」の概念や大学学問の歴史を用いて適切に批判している。

  • msykst さん

    ▼主張としては、「文系学部は必要、なぜならば文系は「役に立つ」から」というもの。▼ただし、一連の文系廃止騒動に関しては、メディアやら文系の教員やらが神経反射的に安倍や文科省の批判に走ってるのはホントにダメで、そもそも「文系不要」の素地は前から着々と進んでいたと。国立大は独立法人化以降の予算の仕組み(運営費交付金の減少と競争的資金の割合の増加)の下では理系の方が予算は取りやすいのは明白で、むしろ「文系なんとかせなヤバいで」という話は前々から文科省から出てたと。▼ついでに「文系=教養」を前提にしてる人も多い→

  • とみぃ さん

    「文系学部廃止」の危機意識がマスメディアで報じられて、侃々諤々の議論を巻き起こしたけれど、吉見さん曰く、文科省はそんなこと言ってませんよ、とのこと。そんなことを枕にして、吉見さんの関心は、なんでそんなお話がまことしやかに広まってしまったのか、へと移っていく。たとえば、こういうことかな。「医学系学部廃止」がマスメディアで流れても、誰も信じないし相手にもしないのに、「文系学部」だとなんかありそうだなって思っちゃう、そんな心性のあり方について考えてみる、みたいな。

  • りょうみや さん

    文系廃止本1冊目。文系は「役に立つ」というのが本書の主張。ただし理系の即効性とは違い、数十年の長いスパンで見なければいけない。理系は価値を実現するのに対し文系は価値を創造する、また理系は自分の外の世界を見るのに対して文系は自分を含んだ内の世界を見るという対比は納得させられた。また結局は理系文系両方大事なので、日本もアメリカやICUのようなダブルメジャー制度の普及を訴えているが、私も大学でダブルメジャーしたかったのでこれは本当に実現してほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品