峠 上巻 新潮文庫 改版

司馬遼太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101152400
ISBN 10 : 4101152403
フォーマット
出版社
発行年月
2003年10月
日本
追加情報
:
16cm,511p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
長岡藩家老河井継之助の話です。めちゃ面白...

投稿日:2009/11/28 (土)

長岡藩家老河井継之助の話です。めちゃ面白いです!

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    戊辰戦争の北越戦線で新政府軍を苦しめた越後長岡藩。実質的に長岡藩を率いた河井継之助の生涯を描いた作品。司馬遼太郎さんのストーリーテラーとしての力量も発揮され読ませますね。特に河井継之助の人物像、その性格や信条は、司馬遼太郎さんの作品では珍しいタイプで興味深い。どこまでが史実かは分からないが面白い。「世に棲む日日」の吉田松陰や高杉晋作、「燃えよ剣」の土方歳三。同時代の人々とも異なる個性を持つ。大胆な事をしても再び召し出される器量。河井が長岡ではなく、他の雄藩に生まれていれば日本の歴史も変わったかもしれない。

  • 修一郎 さん

    映画になったので未読の本作を。映画は北越戦争が中心だろう。この上巻は継之助が長岡藩の中枢となっていった戊辰戦争勃発までだ。幕藩体制が崩壊していく日本の未来を見通していた先見性と言動の変人ぶりの二面性が描かれる。平時ならば雪に閉ざされた小藩で変わり者として藩士人生を全うしたかもしれない。藩主に見いだされたきっかけがいかにも動乱期らしい。長岡藩と心中するつもりの継之助の行動は? 中巻へ!

  • サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥) さん

    幕末の越後長岡藩の雄、河井継之助の物語。戊辰戦争において、小さな長岡藩を武装中立させるという、今から思えば不可能な戦略を実行しようとした人物。やはり、司馬さんは幕末から明治の物語が面白い。私はこの小説で初めて河井という人物を知った。彼の才能の大きさに対してあまりにも長岡藩が小さ過ぎた事が不幸だったと思う。もし、彼が薩摩、長州の生まれであれば、どのような人生を送ったであろうか?そんなことを想像するのも楽しい。★★★★+

  • mura_わくわく さん

    時勢が見える人には見える。幕末の混乱期。越後長岡藩、河井継之助。久しぶりの司馬さんの本。『竜馬がいく』『燃えよ剣』とは異なる視点での幕末。長岡は新潟第二の市。仕事で長岡へ。レビューは「中巻」「下巻」終わってから。

  • とし さん

    峠 「上」「中」「下」。7月に映画が公開されるので数十年振りに再読しました。最後まで説を曲げることなく、我が道を貫き通した継之助、継之助の下僕松蔵さんも立派でしたね。 新しい大きく変わっていく時代を観ることなく没した、坂本竜馬(1867年没)大村益次郎(1869年没)河井継之助(1868年没)魅力的な人物です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

司馬遼太郎

1923年大阪府生まれ。産経新聞在職中の60年に『梟の城』で直木賞を受賞。66年の『竜馬がゆく』『国盗り物語』による菊池寛賞はじめ、多くの賞を受賞。著書多数。96年、逝去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品