平安期日記文学総説 一人称の成立と展開 日記で読む日本史

古橋信孝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784653043492
ISBN 10 : 4653043493
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;20

内容詳細

一人称、ひらがな体、日記の時間―『土佐日記』成立以降、平安期の日記文学が発明し、発展させてきた知性・感性の歴史をひもとく!

目次 : 序章 日記の時間とひらがな体/ 第1章 日記文学の成立―土佐日記/ 第2章 結婚生活を書く―蜻蛉日記/ 第3章 自分を見る―紫式部日記/ 第4章 宮廷の恋愛生活―和泉式部日記/ 第5章 人生を書く―更級日記/ 第6章 天皇の死の記録―讃岐典侍日記/ 終章 平安期の歴史と日記そして日記文学

【著者紹介】
古橋信孝著 : 1943年東京都生。東京大学大学院修了。武蔵大学名誉教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • miyuki さん

    平安期の日記文学に絞り、一人称がどう表現の上で展開されているかを論じる本。日記文学史とでもいう文学の流れは、文学史でも案外示されていないように思われる。日記は自分のことを書く要素が強いものである故、その中で一人称がどう展開されているかを知ることは、文学を考える上でこの上なく重要。文体から読みとれる作品の特徴は、つまり書き手の手法を論じていることと同義であって、平安朝の日記作者、紀貫之、藤原道綱母、紫式部、菅原孝標女、讃岐典侍藤原長子らの作家論となっている。文体がそれぞれ違っていて、みんな個性的だとわかる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品