早死にする仕事、長生きする仕事 働き方を変えれば、寿命は10年延びる!

古井祐司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838727117
ISBN 10 : 4838727119
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;19

内容詳細

営業は心筋梗塞、SEは高血圧、美容師は糖尿病。働く習慣によって高まる早死にリスク。160万人のビッグデータからわかった“職習慣”を変えて健康長寿になる秘訣!

目次 : 第1章 何が原因で、働く人の健康リスクが増えたのか/ 第2章 メタボから生還した実例から、ヒントを盗め!/ 第3章 成功の秘訣は、欲張らないスモールチェンジ/ 第4章 食生活でのスモールチェンジにトライ/ 第5章 これなら変えられそうな運動・生活習慣リスト/ 第6章 30代からの生活習慣病・入門講座“メタボ”を正しく理解する

【著者紹介】
古井祐司 : 東京大学政策ビジョン研究センター特任助教、医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。平成16年より東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教。同時期に健康委員会(ヘルスケア・コミッティー)を株式会社化し、同社代表取締役就任。20代で過疎地の“出前医療”を目の当たりにした経験から、30代で予防医学に目覚め、予防サービスの提供を開始。平成24年からは健康経営を普及する研究拠点を同大学政策ビジョン研究センター内に創設、同助教就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Humbaba さん

    例え悪い習慣だったとしても、それを一気に改善しようと思えば二の足を踏む事も多い。本人がやる気にならない限りは、どれほど良い方法だとしても効果は薄い。まずは簡単なハードルをくぐり、その効果を実感する。それを実感すれば、もっと厳しいハードルでも越えようという気持ちになれる。

  • ゆうゆう さん

    うわぁ。とても身につまされる。生活習慣病=職業習慣病だったのか。似たり寄ったりの疾患の多い=似たり寄ったりの仕事ってこと?!それだけ自宅出過ごす時間がない悲しさも、企業と一体で働き方が変わることが出来る。理想だけど、個人的に「健康経営」が出来る事が、自らを守る事になるんでしょうね。

  • あたおろち さん

    タバコがやめられない→禁煙の準備をする、禁煙貯金を行う、禁煙外来で治療を受ける 問診結果の全国平均と比較して問題点を浮き彫りにする 食生活でのスモールチェンジにトライ

  • Humbaba さん

    習慣というものは、非常に強力である。それが体にとってプラスになる習慣であれば、一つ一つは小さなものだったとしても、数年後、十数年後には大きな成果となっているだろう。最初は少し負担に思う部分もあるかもしれないが、一度習慣化できてしまえば当たり前に出来る。その効果を実感できるようになれば、自発的により健康を意識した行動を増やしたくなるだろう。

  • Toshiyuki Shana さん

    保健指導の内容でした。 本の題名と内容が異なっています。 保健指導の結果、禁煙やメタボ改善の成功例を読まされても・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品