ダンガンロンパ霧切 7 星海社FICTIONS

北山猛邦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065175330
ISBN 10 : 406517533X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
333p;19

内容詳細

シリーズ10周年に贈る『ダンガンロンパ霧切』最終巻!

宿敵「犯罪被害者救済委員会」最強の刺客、新仙帝が仕掛けた最後の事件。
試されるのは五月雨結(お姉さま)との絆ーー!?
霧切一族の血脈(シュクメイ)と五月雨の後悔(トラウマ)が交わるとき、探偵の宿命が少女達を襲う!

原作ゲーム『ダンガンロンパ』のシナリオライター・小高和剛からの直々の指名を受け、「物理の北山」こと本格ミステリーの旗手・北山猛邦が描く超高校級の探偵・霧切響子の過去ー。
“本格×ダンガンロンパ” これにて大団円!

【著者紹介】
北山猛邦 : 2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビューする。代表作として、デビュー作に端を発する『『瑠璃城』殺人事件』(講談社ノベルス)などの一連の“城シリーズ”など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • わたー さん

    ★★★★★超高校級の〇〇、霧切響子を主人公にしたスピンオフシリーズ完結。ゲーム本編との繋がりを考えると、苦い結末になることは察していたが、キッツいけど彼女の信念が感じられる、これしかない終わり方だったと思う。霧切の片側だけの三つ編みの理由、過去の事件で負ったという手袋の下の火傷についてもしっかりと回収しており、ダンガンロンパ10周年という節目にも相応しい。ただ、惜しむらくは刊行ペースが飛び飛びだったことだろうか。

  • ダケちゃん さん

    ダンガンロンパ霧切の最終巻にして、ダンガンロンパ関連シリーズの(おそらく)最終作! 時系列的には無印以前の作品なので、結末は予想してたけど。。。悲しい😢 霧切さんと結ちゃんのコンビはシリーズ追いかけてきたファンとしては最高だと感じてたから余計に悲しい😢 新たなパートナーの苗木くんと出会えたのが救いかな😭💦 そしてシリーズ10周年にしてようやく明かされた手袋の秘密💦感慨深い。。 制作スタッフさんたちがが別の会社立ち上げちゃったからもうこのシリーズ追えないのは寂しいけどほんとにいいシリーズでした✨

  • やまと さん

    悲しい結末であることはわかってた。「超高校級の???」霧切響子と、「平凡な女子高生探偵」結お姉様の事件録もこれにて幕。正直、表紙が公開された時点から、いやそもそも一巻で二人が出会った頃から、この物語にハッピーエンドなんて有り得ないのだと気づいていた。構想を捻じ曲げず書ききってくれた作者に感謝。「物理の北山」らしい大掛かりな仕掛けも楽しかった。これからの霧切を待ち受けるのは人類史上最大最悪の絶望的事件、そしてコロシアイ学園生活。最後に文字通りの希望が見えたところで、この小説は終わる。どうか霧切さんに幸あれ。

  • きたはら さん

    「物理トリックの北山」の看板に恥じない、素晴らしい新本格でした。ストーリーのおかげでももちろんあるのだけれど、そのトリックには美しささえ感じられました。トータルで7年間楽しませていただきました。

  • BIN さん

    シリーズ最終章。結末はこのシリーズが始まってから半ば予想できていたものの、どういう風に持っていくのか期待して読みました。北山さんらしいぶっ飛んだ仕掛けでしたが、理屈上そういう動きをすれば行けるよねって可能性を示したレベルなので論破できてないですよねとふと思いました(実証は当然無理)。当初の結末を変える誘惑にかられながらも初志貫徹してくれたのは感謝です。霧切ファンとして良いシリーズを出してくれました。余裕があれば、また一から読み直してみたいところです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北山猛邦

2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビューする。代表作として、デビュー作に端を発する『『瑠璃城』殺人事件』(講談社ノベルス)などの一連の“城シリーズ”など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品