着物憑き

加門七海

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880250
ISBN 10 : 4087880257
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

私が引き寄せられるのは、古いものばかり。物も着物も、幽霊も――。
日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、豊富な心霊体験を持ち、様々な分野で活躍する作家・加門七海氏。
日常的に着物やアンティークを身につける本人の実体験や見聞きした逸話の数々……着物をめぐる怪しくも深遠な世界が綴られる十一章。
以下、章題。

「帯留」戦火を逃れた鮎の帯留。見た瞬間、自分のものならぬ言葉が――。
「振袖」実家の箪笥を開けると、祖母の形見だという着物が見つかり――。
「古着」市松人形のために手に入れた着物。夜、袖から白い女の手が――。
「足袋」近所の路地沿いある、廃工場の駐車場。奥の闇に見えたのは――。
「衣擦れ」眠りに入りしばらく経った頃。衣擦れの音に目が覚めて――。
「糸」その姿を見た前後から、急速にアンティーク着物に気持ちが傾き――。
「東と西」生地も染めも見事な着物なのに、誰もが試着後に首を傾げ――。
「帯」最初から“体を巻くもの”として存在する帯。そのため蛇と化し――。
「帷子」京都帷子ノ辻。空き地の木の枝に下がっていたのは――。
「薄物」友人の祖母の遺品。美しい振袖がいつの間にか見当たらなくなり――。
「文様」時を超え伝えられる数々の文様。それぞれに意味が込められ――。

【著者紹介】
加門七海 : 東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了。学芸員として美術館に勤務。1992年『人丸調伏令』で小説家デビュー。日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、小説やエッセイなど様々な分野で活躍している。また、豊富な心霊体験を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鉄之助 さん

    着物にとりついた”怪談話”、かと思ったら、着物を愛しすぎた加門さんの美しいエッセイ集だった。単なる着物の紹介にとどまらず、日本の在り方や文化の独自性が語られて面白かった。「粋は地味のイキどまり」。江戸っ子気質の”粋”は、究極の地味が行きつくところだという。例えるならば江戸小紋。近くに寄らなければ見えないような文様に、精緻を凝らす。日本人だな〜とつくづく思う。下駄の1寸と、着物の1寸。同じ単位でありながら長さが違う! 下駄は曲尺(かねじゃく)、着物は鯨尺を使うから。こんな基本も知らなかった自分が恥ずかしい。

  • 中原れい さん

    頷くことばかりの「古い着物も好き」っていうだけの本…になってるはずなんだけど〜💦着物とその付属品について材料や歴史を知る資料をしっかり示しながらも、それにまつわるご本人の思い出話はもう怖い怖い、という安定の加門七海デフォ。憑かれる、異空間を見せられる…地味だけど凄すぎますが、淡々としてて良い。和服を着る機会はほとんどないけど、親しみはある自分には楽しい本でした。

  • ハイランド さん

    着物着物着物怪異着物着物ぐらいの感じで、加門氏にしては怪しの影が薄い本だった。所々に彼女らしいエピソードがあり、それなりに楽しめるのだが、9割が着物の話なので、着物に関する知識が無い人間には、話が見えない。考えれてみれば、日本人の大部分が、旅館の浴衣と死装束を除けば、一生正式な着物など着る機会がなく過ごすわけだから(特に男は)可愛そうな民族衣装である。着物の人がいたら、結婚式かいなと思われるぐらいだもの。人が、何かにハマっていく過程と、アンティークには下手に手を出さないほうがいいということがよくわかった。

  • ポチ さん

    着物に纏わる妖しい話かと思ったら、着物に取り憑かれた加門さんの、着物愛がいっぱい詰まったエッセイだった(ちょびっと霊的な話有り)。ただ、着物にはほとんど興味がない自分には???がたくさん付きキツかった。

  • おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと… さん

    81/100点 加門さんの着物に纏わるエッセイ集。怪談ものの小説と思って読み始めたらエッセイ・・・。それも着物に対する著者の熱い想いが籠った内容で、当方着物とかにトンと縁が無いのでもうひとつ入り込めませんでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加門七海

東京都墨田区生まれ。美術館学芸員を経て、1992年『人丸調伏令』で作家デビュー。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、作品にもそれらの知識が反映されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品