おたまじゃくしのしょうがっこう かこさとしおはなしのほん

加古里子 (かこさとし)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032062908
ISBN 10 : 4032062900
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
追加情報
:
32p;26

内容詳細

うしろあしが生えそろったおたまじゃくしたちは、いちべえぬま小学校にはいって、ことばやはいく、算数などの勉強にはげんでいます。ある日、お弁当を食べようとしていたら、沼の底から大きなナマズが!絶体絶命のピンチに、お父さんが大活躍です。4歳から。

【著者紹介】
かこさとし : 加古里子。1926年福井県武生に生まれる。1948年東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。民間化学会社研究所勤務のかたわら、セツルメント運動、児童会活動に従事。1973年会社を退社した後は、児童文化と児童問題の研究のかたわら、テレビのニュースキャスター、大学講師、海外での教育実践活動などに従事。また児童文化の研究者でもある。作品は、物語絵本、科学・天体・社会関係の知識絵本、童話、紙芝居など多岐にわたり、500点以上。1963年サンケイ児童出版文化賞大賞、2008年菊池寛賞、2009年日本化学会特別功労賞、神奈川文化賞、2011年越前市文化功労賞、2012年東燃ゼネラル児童文化賞などを受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
しょうがっこうということで、簡単な足算や...

投稿日:2021/03/01 (月)

しょうがっこうということで、簡単な足算や俳句もでてきて、ちょっとまだ娘にはわからない部分もありましたが、逆に、読むたびに発見もあるかなと思っています。

ルル さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    いちべえぬま小学校。84ひき。 おたまで歌が「おみやげは、たくさんほしい、まってます」 めだかで歌が「めいわくだ、だっこにおんぶ、かえりみち」 おたまじゃくしの101ちゃんから減っていることが時代の流れ。

  • nakanaka さん

    「おたまじゃくしの101ちゃん」の続編となる作品のようですがそちらは読んでいません。前作では101匹いたのですが今作では84匹になっています。さすが加古先生、自然の厳しさをさり気なく盛り込んでいます。おたまじゃくしのお父さんとお母さんが学校の先生となって国語や算数を教えるという内容。おたまじゃくしの一匹一匹を描くという細かい描写に加古ワールドの神髄を見た気がします。

  • クリママ さん

    小学校低学年ぐらいだと、一緒にお勉強して楽しめます。

  • ねなにょ さん

    おたまじゃくし達の俳句の才能に脱帽。こどもたちを守る為、巨大なひげながナマズに勇敢に立ち向かい、やっつけた、とうさんこうちょうせんせい、かっこいい〜! 残念ながら『おたまじゃくしの101ちゃん』は未読。かこさとしは、いつ読んでも、楽しくてためになる。

  • おーちゃんママ さん

    国語、算数、理科、社会、そして集団生活も学んでます。かこさん、是非是非お元気で、大学生生活まで描いてください!(でも、大学生になった時に、数はいったい・・・・)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加古里子 (かこさとし)

1926年、福井県に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事する。600冊にのぼる児童書のほか、著書多数。福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館〓(らく)」がある。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品