一生楽しく浪費するためのお金の話

劇団雌猫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781617572
ISBN 10 : 4781617573
フォーマット
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
198p;19

内容詳細

貯金ゼロ知識ゼロからの趣味も遊びも我慢しない!「貯めて増やす」3つの鉄則。節約できない私たちのためのちょっと不真面目なお金の教科書。

目次 : 第1章 健やかな浪費生活の3つの鉄則(自分が使うお金は自分で稼ぐ/ 使える国の制度は徹底的に使い倒す/ いざという時のための備えは3段階で)/ 第2章 悩める浪費女の大問答(マネープラン1年生―独身の私、何から始めるべき?/ もうすぐ結婚―入籍前に決めることは?/ 地方在住―目標は上京。奨学金返済中だけど、無理なく貯めたい。/ 家族の介護―私が支える?使える制度を教えて!/ 一生独身覚悟―「浪費女のおひとりさま老後」正しい備えは?/ フリーランス―さらに借金返済中。いろいろ安定させたいです。/ DINKS―子どもができても、変わらずオタ活できますか?)/ 第3章 増やせるもんなら増やしたい!「資産運用沼」をもっと知る(「使う」と「貯める」で金融機関を使い分ける/ 損しない「投資信託の掟」で賢く運用/ 迷ったらコレを選ぼう!おすすめ銘柄6選)

【著者紹介】
篠田尚子 : 楽天証券経済研究所ファンドアナリスト。AFP(日本FP協会認定)。銀行にて資産運用相談業務、投信評価会社にて投資信託の評価分析、市場調査等のアナリスト業務に従事した後、現職。慶應義塾大学卒。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tonkotsu さん

    「浪費図鑑」の劇団雌猫さんによる、浪費女子が一生楽しく浪費できるように「お金を貯めて増やす」手法を紹介した書籍(文章にイラスト交える構成なので、非常に読みやすい)。幾人かの浪費女子の生活パターン(年間浪費チェック&年収貯金額など)分析に、現役のファンドアナリストがアドバイスする形で進行する。税制優遇制度「NISA」だったり個人型確定拠出年金「iDeCo」などがわかりやすく解説されている、年金とか株・投資信託に興味ある(が何をしていいかわからない)浪費女子にオススメです。

  • なつ さん

    自分も本やコスメなど趣味、楽しみたいものに使うことが多い人間。でもこれでいいのか。そう感じて読みたくなった一冊です。会話調で読みやすいし、浪費あるあるに何度も頷きました。趣味へのお金の使用を減らすのではなくいかに増やすか。まずは「譲れない・削りたくない出費」を把握して、自分が使うお金は自分で稼ぐ・・・っと。NISAやiDeCoについても書かれていて興味を持ちました。

  • 鳩羽 さん

    節約なんてできない「推し」を持つ人のために書かれた、一生消費を楽しんでいくためのお金の本。食費や生活費の切り詰めの話など一切出てこず、自分で使うためのお金を自分でしっかり稼ぐこと、少しずつでも貯蓄運用していくこと、使える公的支援を使うことなど、当たり前といえば当たり前のことだが、なんとなく放置してきたお金のことをスッキリさせてくれる本だった。浪費をやめるよう指摘されないだけで、読み通せるという側面もあると思う。浪費女子のお金の習慣とかは、読んでて面白い。

  • でんか さん

    一般書籍。節約でお金のやりくりをするのでなくて、運用やら年金などについてざっとまとめて指南してあります。入門編といった趣で、詳しくは成書をどうぞ、というところかと。症例提示されてるシチュエーションが具体的なのでつい釣り込まれて読んでしまいました。iDeCoとNISAについて何回か出てくるので、この本を読んだらはじめようかと思うきっかけになるのではないでしょうか。

  • おさかな さん

    マネーリテラシーのない私でもするする読める会話調。表紙もかわいいし一人称も"浪費女"だけど、性別関係なく「趣味にお金を使いたい人」に寄り添った本だと読みながら思った。将来のお金の確保について考えるとき、最初に挙がるのは必須じゃない出費を抑制して貯蓄に回すことだけど、それが出来たら困らないんだよな〜!推しには貢ぎたいもんな〜!というオタクごころを肯定しつつ、選択肢(割と基本というかメジャーなやつ)を教えてくれる感じ。キーワードが多く、詳細はググってね!オタクならググれるよね!という姿勢にウケた。ググります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品