私たちは塩を減らそう

前田司郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784908059162
ISBN 10 : 4908059160
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
261p;19

内容詳細

舞台・映画・ドラマと各方面で注目作を次々と発表し、世を揺さぶり続ける奇才が放つ、傑作短篇集!

「世にも奇妙な物語」で放送され話題を呼んだ『次世代排泄物ファナモ』の原作や最新描き下ろし『私たちは塩を減らそう』も収録。

【著者紹介】
前田司郎 : 1977年、東京生まれ。劇作家、演出家、俳優、小説家。劇団「五反田団」主宰。04年「家が遠い」で京都芸術センター舞台芸術賞受賞。05年『愛でもない青春でもない旅立たない』(講談社)で小説家としてデビュー。07年、小説『グレート生活アドベンチャー』(新潮社)が芥川賞候補となる。08年、戯曲「生きてるものはいないのか」で第52回岸田國士戯曲賞受賞。09年、小説『夏の水の半魚人』(扶桑社/文庫・新潮社)で第22回三島由紀夫賞受賞、15年「徒歩7分」で第33回向田邦子賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒデミン@もも さん

    未読の作家のはずなのに、なんだか懐かしいこの感じ。誰かの影を感じる。装丁もタイトルもシュール。最後のエッセイ、エベレストへの旅は楽しかった。

  • おかむら さん

    短編集でした。最後のエベレスト紀行文がよかった。そこに「僕の文章は無駄を削ぎ落としていったら無くなってしまう」って、笑ったわー。その無駄なところがダダ漏れの文章が大好きなんだわ。

  • Akihiro Nishio さん

    学生からもらった本。五反田団という劇団の作家。演劇はまだ見たことない。劇作家にとって小説を書くのは難しいのだが、本作は短編ということと、地の文を主人公の独白みたいに書いたことで、劇作家らしい構成が小説として成立している。演劇を見慣れている人にとっては、良くある構成で面白いとは思わなかったが。唯一「悪い双子」では本格小説の文体にチャレンジしている。どっちが良いかは正直微妙。最後のエッセイが一番読みやすく面白かった。

  • ranran さん

    面白そうだなーと思って借りたものの、これまたハマらなかった作品でした。冒頭の〈私たちは塩を減らそう〉は良かったのですが、その後があんまり…。この前田司郎さんは、何か最後に結末があるわけではなく、(たぶん読者に最後は結末をまかせている)日常のよくある雰囲気や、創造した世界である人がどう考え行動するのか、を淡々とつらつら綴っているような感じなのですが、ちょっと飽きる部分が多々ありました。あくまで私の感想ですが、発想はいい感じですが、うーん…というような一旦とまってしまいます。

  • iku さん

    前田司郎短編集。最後にエッセイがひとつ。「エベレストの方へ」ってエッセイで、石川直樹さんや山崎ナオコーラさんとエベレストのベースキャンプへ行く旅にでるってことだったので、そんなアクティブな人だったのかと意外に思ったら、想像どおりの展開で、笑えた。笑えるし、緩いし、でもその緩さが独特で、締まりがないようなのに、気がつくとがしっとなんかつかまれてるような気がする。前田司郎を読むといつもそんな感じがします。器用さからは生まれない魅力・・・。面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品