ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵

前田京子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838727766
ISBN 10 : 4838727763
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
追加情報
:
190p;19

内容詳細

はちみつを常備するのは
家にちょっとした
薬局があるに等しい。
軟膏と絆創膏、目薬、歯磨き、胃薬、
風邪薬、手作りイオン水、非常食……。
はちみつの新しい使い方を、
その薬効とともに、
楽しく具体的に紹介します。
ひとさじのはちみつの
食べ方、選び方にも、
実はいろいろコツがある!
健康のために、1日にひとさじだけはちみつを摂ろうというのなら、
はちみつと睡眠の細胞再生、修復作用の仕組みを生かすために、寝る前が一番いい。
だが、それに加えてもうひとさじを「薬」のつもりで摂るのならやはり、
朝起きて最初にひと口というのが、断然いいだろう(本書より)。

【著者紹介】
前田京子 : 1962年生まれ。国際基督教大学教養学部、東京大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2018年345冊め。はちみつは常備しているのだが、産地や花の種類等深く考えて購入したことはなかった。だいたい旅先の土産物屋で購入することが多く、ご当地もののそれなりによいものなのだと思うのだが今後はもっと理解して手に取ってみたいと思う。はちみつ目薬には驚かされて、試してみたいとそわそわしている。

  • ちゃかちん(積読58) さん

    アロマの学校のある先生が私と同年齢なのにとても若々しく、質問した所「趣味はハチミツ」と答えて下さった。その時はふ〜んと思っていたのだけれど数年経って俄然ハチミツに興味が🐝✨眠れない夜にホットミルクに砂糖ではなく固形ハチミツを入れた所、美味しくてグッスリ眠れたのと、ハーブティーも甘さがないと飲みにくい私はハチミツを入れるとグビグビ飲めると言う事が大きかったのかしら。手作り化粧品にも取り入れたい〜❢読んでる間に比叡山のハーブガーデンで青い絶滅危惧種のミツバチが確認されて単純な私はやはり運命を感じたのです🐝

  • たんかれ〜 さん

    抗菌・殺菌、粘膜の修復、滋養などハチミツの効果の多さに改めて驚きです。ここ何ヵ月か寝る前のひと舐めで効果を感じていましたが、他にもいろいろ試してみようと思います。目薬はしみるようですが勇気を出してトライしてみたい。ビタミンCとの組合わせも参考になりました。災害時の備蓄品という考え方は斬新です。

  • hundredpink さん

    ハチミツで目薬。ハチミツで歯磨き。ハチミツを肌にぬる。ハチミツはビタミンC以外のビタミンミネラルを殆ど含有する凄い食品。

  • はな さん

    図書館本。以前読んだ「今日のハチミツ、あしたの私」に影響されて読んでみました。蜂蜜はべたっとしているイメージで苦手意識があったのですが、養蜂の話であったり蜂蜜の効能を聞いたりするとやっぱり体にとっていいのかなって思えました。以前から気になっているマヌカハニーを食してみたいけれど、結構なお値段なので躊躇していますが、いまのどの調子もよくないことだし、購入してみようかなって思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

前田京子

1962年生まれ。国際基督教大学教養学部、東京大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品