折形基本の包みと暮しの贈りもの

内野敏子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579212941
ISBN 10 : 4579212940
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
88p;26

内容詳細

目次 : 折形と現代のラッピング/ A4サイズで折る/ A4 1/2サイズで包む/ A4サイズにはさみを入れる/ 1枚の紙で折る、熨斗つきの折形/ 折り紙で包む/ じゃばら折りの包み/ 半紙と折り紙で折る/ 短冊で遊ぶ/ 結ぶひもで遊ぶ〔ほか〕

【著者紹介】
内野敏子 : 水引工芸家。1963年、熊本生れ。武蔵野美術短期大学卒業。広告デザイン、建築設計の仕事を経たのち、1995年より水引工芸、2000年よりバスケタリーを始める。「普段の暮しに水引を」をテーマにオリジナル作品の制作販売、個展開催、水引教室主宰(熊本県熊本市)、全国各地でワークショップを開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かち さん

    熨斗だけでなく、折り紙や半紙を使っての折形を掲載、紙袋・折り曲げ厳禁の袋・小さなものを包む折り方・掛け紙で遊ぶ・・・など折る≠遊べる内容になっていて楽しい本でした。

  • るうるう さん

    紙大好き。特に檀紙。折形は美しいし、作るのも楽しい。ただ、上等な紙をふんだんに使うところがあり、日常感覚としては、もったいなくもある。庶民だから(笑)。本書では型紙を利用し、きれいに折る方法が紹介されている。折り紙の色を効果的に使ったポチ袋や自分で作る厚紙封筒が参考になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品