そのうちなんとかなるだろう

内田樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730599
ISBN 10 : 4838730594
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

「やりたいこと」を諦めたことも、
「やりたくないこと」を我慢したことも、
僕には一度もありません。

思想家・内田樹の痛快人生案内!

心と直感に従って生きればいい。
無理して決断する必要はない。
「なんとなく」選んだことが、
自分にとって一番いい状態だから。

豪快すぎる半生記!

いじめが原因で小学校で登校拒否
受験勉強が嫌で日比谷高校中退
親の小言が聞きたくなくて家出
大検取って東大に入るも大学院3浪
8年間に32大学の教員試験に不合格
男として全否定された離婚
仕事より家事を優先して父子家庭12年

*昭和の時代を伝える「非日常写真館」も

<あとがきより>

「自分らしさ」という言葉が僕はあまり好きじゃないのですが、
それでもやはり「自分らしさ」というのはあると思います。
ただ、それはまなじりを決して「自分らしく生きるぞ」と力んで創り出したり、
「自分探しの旅」に出かけて発見するようなものじゃない。
ふつうに「なんとなくやりたいこと」をやり、
「なんとなくやりたくないこと」を避けて過ごして来たら、
晩年に至って、「結局、どの道を行っても、
いまの自分と瓜二つの人間になっていたんだろうなあ」という感懐を抱く……
というかたちで身に浸みるものではないかと思います。

僕がわが半生を振り返って言えることは、
僕は他のことはともかく「心と直感に従う勇気」については
不足を感じたことがなかったということです。
これだけはわりと胸を張って申し上げられます。
恐怖心を感じて「やりたいこと」を断念したことも、
功利的な計算に基づいて「やりたくないこと」を我慢してやったこともありません。
僕がやったことは全部「なんだかんだ言いながら、やりたかったこと」であり、
僕がやらなかったことは「やっぱり、やりたくなかったこと」です。
というわけですので、この本はできたら若い方に読んでいただいて、
「こんなに適当に生きていてもなんとかなるんだ」と安心してほしいと思います。

【著者紹介】
内田樹 : 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tenouji さん

    少々不謹慎な読み方かもしれないが、書籍内でも触れられているように、私は、この内田氏の自伝を、どこかで村上春樹の初期小説の主人公が、どのようなリアルな生活をおくっていたのか、という物語として読んでいた。そうすると、なんだか、心が落ち着くんですよねw。

  • 冬佳彰 さん

    出張中に読了(飛行機が台風を避けてくれたので帰ることができた)。荷物を軽くするため、電子本で購入していたのだった。本の趣旨からして、さほど歯ごたえのあるものではなかったな。いや、それでも破天荒な人生ではあるなあ。今の、個々人がかなり(ある部分意図的に)分断された時代では、これは難しいかなあ?という思いもある。しかし時代がどーだからと言っていても仕方あるまい。こういう破天荒さ=「失敗。人生のおわり」といった状況にしないように、この社会やコミュニティをもっともっと成熟させてゆくことだな。

  • emuuwaii さん

    自叙伝。いつもワクワクしながら著作を読んでいるのですが、それらの本がどのような状況の中で作られてきたのか、読むことができてうれしい。「しなければならないことは『苦役』だと思わない」「批判するよりはほめ、査定するよりは期待するようにしています」「決断したり、選択したりすることを一生しないで済むように生きる」など、含蓄のある言葉がたくさん。身体的な気分のよさを基準にするというのはこれから気にしていきたいところ。「レヴィナスの時間論」、そのうち単行本で読めるようになるのかな。気を長くして待とう。

  • teddy11015544 さん

    人生の岐路はドアのように現れるが、ドアノブがついていないので外から開くくまで待っているしかない。それまではじたばたしても仕方がない。ドアが開くかどうかは運と、ドアの外から見ている人がどう思ってくれるかということにかかってくる。ってこと。よくわかるが、分かった時には人生の大半は終わっている、ってか。

  • Iwata Kentaro さん

    これはめちゃ面白い「私の履歴書」。ファン必読だけどファンじゃない人も是非。あまりに面白くて一気呵成に読んだ(kindle読み上げで聞いた)のですが奥さんも読みたがるのに遅ればせながら気づいて紙版を今日買い直しました。神戸大に赴任されかけた話は初耳でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内田樹

1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品