イチロー流準備の極意 青春新書INTELLIGENCE

児玉光雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784413044837
ISBN 10 : 4413044835
フォーマット
出版社
発行年月
2016年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
189p;18

内容詳細

「準備」とは“言い訳を排除する”作業のこと―大きな仕事を成し遂げるための、小さな積み重ね!

目次 : 第1章 努力の本質/ 第2章 準備の極意/ 第3章 自分の能力を引き出す/ 第4章 モチベーションの高め方/ 第5章 不安を味方にする/ 第6章 正しい目標設定/ 第7章 仕事を面白くする視点/ 第8章 真の楽観主義者であれ/ 第9章 現状の自分の疑い方/ 第10章 チームに流されないリーダー論

【著者紹介】
児玉光雄 : 1947年兵庫県出身。追手門学院大学客員教授。日本体育学会会員、日本スポーツ心理学会会員。京都大学工学部卒業。学生時代はテニスプレーヤーとして全日本選手権に出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院で工学修士号を取得。米国五輪委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。過去20年以上にわたりプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。また、日本では数少ないプロスポーツ選手・スポーツ指導者のコメント心理分析のエキスパートとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa さん

    新書だから読もうと思えばサラッと終わってしまうけれど、いちいち琴線に触れる言葉が散りばめられていて、同じページを何度も読み返してしまった★一番感じ入ったのは、目標を『超える』のではなく、『越える』という言葉を選ぶイチローの感性っ!『超』は一瞬、飛び上がって超えるイメージだけれど、『越』は積み重ねがあって、越えていくというイメージ…なんとイチローらしい表現だろう!職場のデスクの引出しに忍ばせ、時折読み返しては、閉じかけた自分のアンテナを今一度高く掲げたいと思う!17006

  • Susumu Tokushige さん

    イチローの発言に対し、その意味する所を著者が分析し解説する…という本。イチローの発言自体がそれだけで完結しているので、解説は不要に感じる。『努力をすれば報われると本人が思っているとしたら残念』『準備というのは言い訳の材料を排除するためのもの』『天才は、何故ヒットを打てたか説明できない。ぼくは説明できる。だから天才じゃない』。イチローの言葉一つ一つに、身が引き締められる思いだ。当然、反論したい部分もあるが、その反論は半端な気持ちでは出来ない。覚悟と志を持って戦わねばならない。自分を戒める書として持参したい。

  • くま さん

    凝り固まってきたこころ?頭をほぐしてくれた内容だった。やはり、一流のアスリートはすごい。すべてを真似られなくても、その一部から私も行うことにした。 また、同じく学んだことを、どうやって子どもたちに伝えようか、かんがえただけでワクワクする‼️

  • コウママ さん

    イチローかっこいい。

  • スー さん

    サクサク読めました。イチロー選手みたいな世界に名を残す人の覚悟や努力は半端ないものなんだなっと痛感しました。僕も普段の心掛けを見直す良い機会になりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

児玉光雄

1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学特別顧問、元・鹿屋体育大学教授、京都大学工学部卒業。学生時代、テニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にも学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品