よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる 集英社文庫

佐藤賢一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087446265
ISBN 10 : 4087446263
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
追加情報
:
328p;16

内容詳細

今、世界は第二次世界大戦以来、最も危険な状態だと言われる。ロシアのウクライナ侵攻やイスラエルとパレスチナの衝突は、なぜ起こるのか。それを深く知るには、「一神教」の知識が不可欠―。本書では、同じエルサレムを聖地とするユダヤ教、キリスト教、イスラム教に着目し、その起源や地理、歴史を西洋歴史小説の第一人者がわかりやすく解説する。図版満載&明快な構成で世界史入門書としても。

【著者紹介】
佐藤賢一 : 1968年山形県生まれ。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。99年『王妃の離婚』で第121回直木三十五賞、2014年『小説フランス革命』で第68回毎日出版文化賞特別賞、20年『ナポレオン』で第24回司馬遼太郎賞、23年『チャンバラ』で第18回中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    ロシアのウクライナ侵攻やイスラエルとパレスチナの衝突はなぜ起こるのか。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教に着目して、起源や地理、歴史をわかりやすく解説する1冊。ユダヤ教はどのようにして生まれたのか、ユダヤ人とその歴史背景。キリスト教の誕生とイエスの人物像と、なぜ弾圧され広まったのか。イスラム教の出現とムハンマドの人物像、イスラム教の特徴と変化。それからイスラエルの建国と現代の一神教、ウクライナ戦争にも触れていて、歴史的に根深い因縁が作り出されていて、くすぶっていたものが顕在化したということなんでしょうね…。

  • 星落秋風五丈原 さん

    昔子供向けの旧約聖書と新約聖書を読んだ。新約聖書はイエスという一人の人間の一代記のようなものだったが、旧約聖書は妻に懸想して夫を戦地に追いやって殺してしまうという、おおよそ聖人とはいえないエピソードや、燃えている車に乗って預言者が天に昇るような、ありえないだろう!というエピソードもあった。とにかく火種のない所で火が燃えていると、そこに神がいるのだ。そして、決して火傷しない。寒い冬にいてくれると有難い、などというと罰当たりだろうか。

  • RASCAL さん

    なんとなく「分かっている」と思ったことが、実はよくわかっていなかったりして、この本はホントにわかりやすく、詳しく書かれていて、今度こそよくわかりました。イスラム教の最高指導者、中国共産党のありようとよく似ています。それにしても一神教って、専制と隷従、戦争と殺戮を否応なしに伴うものだなと、日本みたいに温暖な単一民族国家のDNAを持つ国民には肌感で理解できないものがあるなあと改めて思ってしまいました。

  • みなみ さん

    本書のいいところは、たとえばノアの大洪水のエピソードで、メソポタミアでは大洪水があって…みたいに、宗教内のエピソードと現実の歴史とマッチさせているところだと思う。ユダヤ王国は実際そんなに大きなものではなく、神を信じなくなったから滅びたのではなく単純に強大な国に侵略されたのだと書いてあって、その距離感がいい。あとはやはり後半のパレスチナ問題の記述。本当にサイクス・ピコ協定が諸悪の根源なのだ。なぜ解決できないのかが非常にわかりやすく説明されている。情報量は多いが、読みでがあり良かった。オススメ。

  • 武井 康則 さん

    ユダヤ教からキリスト教、イスラム教へと続く歴史とその発展。最後は現代の民族紛争までを解説。知ってるつもりで歴史の曖昧なところに手の届く良書だと思うのだが、小説同様、長い。長いと思わせるには、しつこいとか、冗漫な部分があるのだろう。もう少しコンパクトにしてもらえたらもっとわかりやすいのに。きっと本当に歴史が好きですべてを書かずにいらえないのだろうが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤賢一

1968年山形県生まれ。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。99年『王妃の離婚』で第121回直木三十五賞、2014年『小説フランス革命』で第68回毎日出版文化賞特別賞、20年『ナポレオン』で第24回司馬遼太郎賞、23年『チャンバラ』で第18回中央公論文芸賞を受賞(

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品