死の恐怖を乗り越える 2000人以上を看取ったがん専門医が考えてきたこと

佐々木常雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309254210
ISBN 10 : 4309254217
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
追加情報
:
216p;19

内容詳細

死に直面した患者・家族は何を考え、どうしたか?人は誰でも、どんな状況でも安寧が得られる。医師になって50年、終末期のがん患者と向き合い、常に問い続けてきた人生最大の奈落から這い上がる術。

目次 : 第1章 治療法がない、それでも生きたい!(「あなたらしく生きる」とは、希望を持って生きること/ 「最期まで治療する」という自分らしい生き方の選択肢 ほか)/ 第2章 「命」は誰にも決められない(「無駄な延命治療はしたくない」と言い続け、10年間生きてきた…/ 娘にとって母の命は、母だけのものではない ほか)/ 第3章 人生の最期を考える(人生のお手本のように生きてきた人が安らかに死ぬとは限らない/ 終末期でも、病状によっては自宅に帰る希望がかなえられない ほか)/ 第4章 あなた一人だけの死ではない(がんが見つかり診療できなくなった医師を救った妻のひと言/ 意識のない夫に届いていた妻の歌う童謡 ほか)/ 第5章 死の恐怖を乗り越える術(「自分が人生に」何も期待できないなら、「人生が自分に」何を期待しているのかを問う/ 人生、何の意味もなかった?いや、コスモスが待っている ほか)

【著者紹介】
佐々木常雄 : 腫瘍内科医。東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法、腫瘍内科学。1945年、山形県天童市に生まれる。山形県立山形東高等学校、弘前大学医学部卒業。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、1975年より、東京都立駒込病院化学療法科(現・腫瘍内科)に勤務。2008年から2012年まで同院長。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問、東京都がん対策推進協議会委員、日本対がん協会評議員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Go Extreme さん

    治療法がない・それでも生きたい:希望 生き方の選択肢 幸せを感じるチャンス 命は誰にも決められない:無駄な延命治療 人生の最終段階 どう死ぬか 意思を尊重 標準化・効率化 厳しい状況 人生に最期を考える:安らかな死 家族の臨終 家族に迷惑 看取りのスペシャリスト 魂はあると信じる  あなた一人だけの死ではない:一人ではなかった 前向きな気持ち しわしわの笑顔 約束 生きていた証 死の恐怖を乗り越える術:人生が自分に何を期待しているのか 体に聞く あるがまま・奈落を日常に持ち込む 祈ることで救い 安寧な死

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐々木常雄

腫瘍内科医。東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法、腫瘍内科学。1945年、山形県天童市に生まれる。山形県立山形東高等学校、弘前大学医学部卒業。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、1975年より、東京都立駒込病院化学療法科(現・腫瘍内科)に勤務。2008年から2012年まで同院

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品