こけし図譜 イラストレーションでわかる伝統こけしの文化・風土・意匠・工人

佐々木一澄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416519462
ISBN 10 : 441651946X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
160p;22

内容詳細

■こけしファン必携の工人探訪記

日本に伝わる伝統こけしをイラストレーションと文章で解説。
東北6県で11系統に類型化されている伝統こけしの工人(こけしの作り手)を訪ね、各系統の伝統・風土・意匠・工人の人物像を浮き彫りにします。

伝統を受け継ぐ工人の姿と肉声を捉えた一冊です。

【著者紹介】
佐々木一澄 : イラストレーター。雑誌や書籍を中心に活動し、児童書の挿絵や絵本も手がける。東京こけし友の会、竹とんぼの会(日本郷土玩具の会)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tom さん

    図書館で拾ってくる。こけしにいろいろな系統があることは「なんでも鑑定団」の耳学問で知っていた。そんなことから読んでみる気持ちになる。系統のそれぞれで、違いがあるのは分かるけれど、私にとっては大同小異。コレクターの人たちが、どういう思い入れを持っているのか、とても理解は及ばない。でも、作っている人と収集する人には、しっかりとした思い入れがあるのだろう。そういうものだろうとは思いながらも、人のこだわりには、余人には入っていけないものがあるということを、改めて感じることになった本でした。

  • 遠い日 さん

    写真ではなく、イラストで伝統こけしを紹介。日本全国のものと思っていたのは大きな勘違いだったらしい。昔はどこの家の応接間にも、ガラスケースの中にいくつものお土産こけしが並んでいたものだ。わたしは、ごく普通の丸い頭にストンとした胴のこけしが好き。

  • chitotaka さん

    こけしの代表的な系統別に、デザイン、特徴、名作など全てをイラストで紹介している。写真はないがその顔立ちや模様などが丁寧に模写されており、むしろ温かみを感じる。その産地ごとに工人が紹介され、生い立ち、こけし作りの苦労やその魅力などが語られているが、工人達の人生模様などは他のこけし本でもあまり読んだことはなく、工人になった経緯や動機もみな様々で、思いのほか面白く読んだ。第三次こけしブームとはいっても先行きが厳しいのは他の民芸品とかわらない。多くの人に興味を持ってもらい、産地に足を運んで欲しいと思う。

  • ぽけっとももんが さん

    図書館新着本。おかっぱ頭を「こけしみたいな」というけれども、いやいやおかっぱのこけしって少数派ですから。正直さほどこけしに関心はなかったのだけれども、味のあるイラストに惹かれた。こけしは東北で作られており、今思い浮かぶようなものは明治頃から作られたとか、職人とか作家などとは呼ばず「工人」と称するとか、本当に産地によって作り方も顔も模様も違って伝統を継承するだけではなく自由度も高そうで、こけしに愛着を感じずにはいられない。最近東北行きたい、と思わせる本多いなぁ。

  • マカロニ マカロン さん

    個人の感想です:B+。東北6県の11のこけしの産地を取材し、それぞれの構造、意匠を分析、文化風土を調べ、こけし工人の経歴をまとめている。著者は児童書や絵本のイラストレータでもあり、温か味のあるこけしのイラストが味わい深い。鳴子こけしは有名だが、蔵王高湯系、肘折系、遠刈田系、南部系、津軽系等など地域によってこんなにも違いがあるのかと驚嘆。元々はピアニスト志望だった工人とか、雪かきや酒屋を兼業したり、様々な思いも書かれている。こけしの主役は木であり、どの工人もその肌触りを大切にしていることが伝わってきた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品