俺の妹がこんなに可愛いわけがない 17 加奈子if 電撃文庫

伏見つかさ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049134452
ISBN 10 : 4049134454
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;15

内容詳細

 高校3年の夏、俺はあやせから桐乃の趣味について相談され、一緒に夏コミに来ていた。そこで会ったのはメルルのコスプレをした加奈子だった。
「ねぇ、あんたさー。加奈子とどっかで、会ったことね?」
 聡い彼女は俺が偽マネージャーと同一人物だったことを指摘し、脅してきやがった。俺は桐乃の趣味がバレないよう、加奈子に従うことにしたが――
 さんざん振り回されて、喧嘩をして、知らなかった一面を見せられて……俺たちの関係は急速に変化していく。
 夏コミ3日目の、あの瞬間から始まるifストーリー。
 これは、俺とあやせの物語じゃない。俺と黒猫の物語でも、俺と妹の物語でもない。――俺と加奈子の物語だ。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ponpon さん

    IFシリーズで、ヒロインは加奈子。PSPゲームシナリオ由来とのこと。容姿や言動の突飛さ故に第一印象の悪いキャラクターだが、その内面は一途な女性で京介もそこに惹かれていったのだろう。交際を皆から反対される四面楚歌であっても思いを貫き通す強い姿。クライマックスは、あやせと黒猫に啖呵を切るシーンですね。本当に印象深いです。あと京介の父母がデレている遣り取りとか、ラスボス・麻奈実との対峙など短い物語ながらも見所満載です。IF版もこれで終わりなのかな?本編で最後は涙を呑んだ彼女等の笑顔を見れて良かった。

  • 星野流人 さん

    俺妹のPSPゲームに収録されていた加奈子ルートの加筆小説化版。自分は俺妹では加奈子がいちばん好きだったので、ゲームもやってなかった身としてはとてもありがたいノベライズ作品でした。とにかくまあ加奈子の魅力的なとこ詰め合わせみたいな内容で、とても良かったです。京介との交際を誰からも祝福されない中で啖呵を切るあたりは加奈子らしさに溢れていました。あとはやはりこのifルートでも最後に立ちふさがるラスボスは麻奈実でした。本当に……麻奈実って人は。 最後に幸せそうな加奈子を見れて終われて良かったです。

  • げんごろう さん

    “クソガキ”っぷり全開な加奈子の魅力溢れる一冊。 根は良い子なので憎めないんですよね。 メインキャラ達との俺妹らしいコメディも堪能出来て大満足。 特に黒い人の扱いよ。 まぁ一般人?の加奈子からはそう見えますよね笑 やはり俺妹は面白い!

  • わたー さん

    ★★★★★始まりは俺妹ポータブルが続くわけがないの特典小説。幸せな家庭を築いている京介と、一言だけ出会った頃のような物言いをする彼の嫁との会話に胸を撃ち抜かれた。そして本編をプレイしてすっかり彼女が推しヒロインになってしまった。それから9年余り。ついに彼女がメインヒロインで1本の小説ができるなんて感慨深い。たとえそれが、ゲームの焼き直しで文章量自体が減っていたとしても。彼女のオットコマエで負けん気が強くて、それでいて好きなものには一直線な、最高に可愛いところが余すことなく詰め込まれていて無事に浄化された。

  • かっぱ さん

    もしかしたらあったかもしれない加奈子if。初登場のイメージこそ決して良いものではなかったけれど、こうして一冊の小説となって読んでみるとギャップも含めて加奈子がめちゃくちゃ素敵なヒロインだと再認識する。逆境に立たされてなお奮い立つ格好良さ。嫌味のない物言いからの京介の前でだけ見せる女の顔。短いお話の中に京介が彼女に惚れた説得力がしっかりと描かれているのが良い。可能性の枝は無限に伸びていて、選び取った道のその先で淑やかになったお嫁さんがあの日を思い出すような言葉をくれる。それが何よりの幸せなんじゃないか

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

伏見つかさに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品