断言 1998-2008 BURRN!叢書

伊藤政則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401643844
ISBN 10 : 4401643844
フォーマット
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;19

内容詳細

目次 : 〜伊藤政則「BURRN!」人気連載コラム『今月の断言』、単行本化第3弾! / 1998年〜2008年までの掲載分をセレクト。20世紀から21世紀に突入する / 激動の時代に“日本のメタル・ゴッド”は何を目撃し、どう分析したのか。 / “HM/HR史の真実”。総てのメタル・ファン必携!〜 / *巻末スペシャル:著者インタビュー

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    90年前半にメタルやアメリカンロックにハマっていたので、20世紀末から21世紀にかけてシーンがどのような変遷をたどったのかがわかり読んでいて懐かしさがこみ上げてきました。続きが読みたいです。

  • やまねっと さん

    ここに書かれているころは僕が高校から大学に入って社会人になった頃の、いわゆる一番HRやメタルを聴いていなかったころのBURRN!での連載をまとめたものだ。内容はpriestとアイアンメイデン、ボンジョビのことが多く書かれている。伊藤さんはロックの寿命のことをだんだん近づいていることに警鐘を鳴らす。新人が出て来ないのは何が悪いかみんなもよく考えて欲しい。メタルやロックは今後ジリ貧になるのか。僕はシーンが小さくなる前にいくつかの大型新人が新風のように現れると思ってるのだが。伊藤さんの提言は読みやすく重い。

  • Yasushi Matsuura さん

    その時の出来事を読みながら、その時の音楽を聞くと、違った感動が得られますね。Judasのロブ復帰、Maidenのブルース復帰、Mr. Bigの解散等々、とても興味深い内容でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤政則

音楽評論家、ディスクジョッキー。70年代より現在に至るまでラジオ・TV・雑誌などで最新の情報を発信し続け、特にヘヴィ・メタル/ハード・ロックのシーンにおいて絶大な影響力を持つ。豊富な海外取材経験から数多くのミュージシャンと親交があり、絶大な信頼を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

伊藤政則に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品