世界一簡単なLEDのきほん ゼロから理解する

伊藤尚未

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416108130
ISBN 10 : 4416108133
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
追加情報
:
21cm,143p

内容詳細

LEDとは、身の回りでよく使われている発光ダイオードのこと。前半ではLEDについて広く紹介し、後半では興味を持った人が自分で試せるよう、いくつかの電子工作を収録。電子デバイスが身近に感じられる1冊。

【著者紹介】
伊藤尚未 : 1987年、筑波大学芸術専門学群総合造形卒。1989年、筑波大学大学院芸術研究科総合造形を修了。ハイテクノロジーアートからメディアアートへの移行期に、光、動き、音を素材として使った数々の現代美術作品を制作、発表。2001年から月刊誌『子供の科学』で電子工作記事を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mstr_kk さん

    青色発光ダイオードについて理解するために読みました。図解・写真が豊富で、わかりやすかったのですが、ダイオードの仕組みは難しかったです。

  • がっち さん

    LEDの基本?基本中の基本な感じがした。さっと読むことができるので、LEDとは何?っていうひとにはいいかな?D

  • 文章で飯を食う さん

    LEDの基本がわかった気がする。n型半導体、p型半導体とか懐かしかった。n型とp型の語源がわかった。若い頃にわかっていたら理解が進んだだろうな。

  • kongyasuo さん

    自分でLEDライトを製作します。勉強になりました。

  • 在賀耕平 さん

    こういう中学生向けくらいの科学の本をこの年くらいになって読むのは結構おもしろい。 電球がなぜ光るかさえちゃんと説明できない私のような人間にとっては、いちいち発見がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤尚未

筑波大学在学中に第3回オムニアートコンテスト最優秀賞を最年少で受賞。1987年の個展「展開」を皮切りに、さまざまなオブジェを世に問い、1993年名古屋国際ビエンナーレ・ARTEC’93のグランプリなど国際的な賞を多数受賞している。1990年代には、幾何学的なオブジェ作品から、次第に動き、光、音を伴う

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品