ミッドナイト・バス 文春文庫

伊吹有喜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167906719
ISBN 10 : 4167906716
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
追加情報
:
495p;16

内容詳細

故郷に戻り、深夜バスの運転手として2人の子供を育ててきた利一。ある夜、乗客に別れた妻の姿が――。家族の再出発を描く感動長篇。


【著者紹介】
伊吹有喜 : 1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。2008年『風待ちのひと』(「夏の終わりのトラヴィアータ」より改題)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 🅼🆈½ ユニス™ さん

    151回直木賞候補作品。& 初伊吹有喜作品。まさに伊吹さんの ’語り方‘の魔力に溺れて幸せを満喫した時間だった。文字で色を塗った美しい映画を観ていたような…。何て綺麗な小説だろう❗️ 素晴らしい一冊であり、伊吹有喜さんの他の作品は全て ”必ず“ 完読して見たいと思った。天晴れ!高宮利一!👍

  • 相田うえお さん

    ★★★☆☆17021 つららが女になり嫁に来た物語知ってる?風呂に入らない妻を遠慮だと思って入らせたら出てこない。風呂に行ったら桶だけ浮いてた。これ実存民話?謎!あと鶴の恩返しはテーマが謎!鶴の羽ってどう頑張ってもダウンジャケットの中身が精一杯じゃ?鶴の羽で機織り可能か謎?当方は「機織り作業中は部屋を覗かないでね」という会話にこの謎解きの鍵があるとみてます。原材料鶴の羽で機織りする事自体が高度生産技術で企業秘密!そういう見学は普通「許可無き者は入室禁止!撮影禁止」です。遠回しな技術流出問題テーマかな!^^

  • おしゃべりメガネ さん

    5年ぶりの再読ですが、やはり作品によっては読むタイミングで、感想も変化していきますね。初めて読んだトキはおぼろ気ながらも「ええ、話や〜」と思っていましたが、改めて再読すると、登場人物それぞれがそれぞれに自分勝手かなと思うようになってしまいました。バラバラになった家族が時間をかけながらお互いを見つめ直し再生へと向かう展開ですか、誰も彼もが自分に正直になれず、どこかひねくれていて、ワガママであり、優しさもちょっと中途半端だったかなと。でも、やっぱり伊吹さんの作品なのでいい話だったのは間違いありませんでした。

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    500ページ近い長編を一気に読んだ。読んだ後は良い物語を読んだと言う満足感が胸の中に広がっていく。深夜の高速バスの運転手である利一を主人公にした物語。利一は離婚した経験を持ち、今は年下の女性と交際している。この作者はいろいろな人が抱えている心のわだかまりを描くのが巧い。例えば利一の長男は、会社を辞めて故郷に帰ってきて自分の胸の内を明かそうとしない。登場人物達が不器用に生きて、お互いを傷つけあってしまうのは、読んでいてじれったい思いだった。それでも、彼らの屈託は次第に小さくなる。(続きます)

  • じいじ@只今、リハビリ中 さん

    伊吹有喜らしい温かさやさしさが伝わってくる素敵な家族小説だ。しかし、著者のヒット作『風待ちのひと』(385頁)・『四十九日のレシピ』(297頁)ほどの感動がわいてこなかった。その因は、490頁の物語の構成にあると思う。主人公とその家族、16年ぶりに再会する別れた妻、主人公に想いを寄せるバツイチの恋人に焦点を絞れば、もっと盛り上がっただろう。深夜バスの乗客たち、娘の仕事仲間たちのサイド・ストーリーは不要で、物語を散漫にしていると思う。それはさておき、読み心地はよいおとなの恋、家族再生の物語である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊吹有喜

1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒業。出版社勤務を経て、2008年『風待ちのひと』(「夏の終わりのトラヴィアータ」より改題)で第三回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品