医師がすすめる男のダイエット 集英社新書

井上修二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205398
ISBN 10 : 4087205398
フォーマット
発行年月
2010年04月
日本
追加情報
:
18cm,187p

内容詳細

ほんの少しのダイエットが、実は大きな生活習慣病予防につながる。本書では、肥満解消にとって不利な条件を抱えた働く男性に向けて、無理なく確実にやせる方法を専門医がわかりやすく伝授する。

【著者紹介】
井上修二 : 1938年生まれ。東京大学医学部卒業。日本肥満学会名誉会員(元理事長)。医学博士。桐生大学副学長兼医療保健学部長。共立女子大学名誉教授。聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部、国立健康・栄養研究所客員研究員。瑞宝小綬章受章、日本肥満学会功労賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ごへいもち さん

    標準体重に近づけるのではなく今より5%減にすればいいというのがへぇ〜そうなのかと統計で納得させられた。その後もっと減らしたければ減らせばいいしそのままでもいいんだって。数十キロもオーバーしている人にはうれしいかも

  • かず さん

    良書だと思います。その理由は「無理なことは書いていない」点。流石世界的権威です。ダイエット本というと「○○を食べれば即痩せる」というイージーなものか、逆に「毎日1万歩」というしんどいものか両極端ですが、本著は「毎日1時間20分程度歩けばOK(意訳)」とあり、これなら続きそうです。半年かけて5%〜3s減らし、暫くは慣らすことが重要とのこと。減らせばよいというものではないのですね。これまで極端な取り組みをして結局リバウンドさせてきましたが、定期的に読み返して、今度は気長にやろうと思います。

  • ケン五 さん

    健康管理は大切だ。ダイエットの王道は、食事と運動。焦らず、諦めず、大きな減量を望まず、減った体重を維持する。誰もが分かっちゃいるけど、それが難しい。食にももっと注意を払わなくっちゃ。

  • ゆいまーる さん

    「男の」とタイトルについているが、内容は男女問わずのオーソドックスなもの。「摂取カロリーを減らし並行して運動する」というわかりきったこの類の本を定期的に読むのは、再認識し行動に移すためです。読んだ時にはモチベーションが上がる自己啓発本と同じ役割ですな。

  • サカモトマコト(きょろちゃん) さん

    ダイエットとは何かを考えさせられる本。 ダイエットの解説はもちろんのこと。人が太るメカニズムや自己流で間違ったダイエットや巷で話題になるお手軽ダイエットに潜む危険性の解説なども載っておりためになる本だと思いました。 ダイエットに近道はないということを痛感させられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上修二

桐生大学副学長兼医療保健学部長

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』
  • 「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨... |2016年01月13日 (水) 08:05
    「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑
  • ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂 新章の書きおろし、新規薬剤・文献のアップデート、新規付録「クリティカルケアで重要な薬物相互作用」の追加など、大幅な改... |2015年12月24日 (木) 13:20
    ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂

おすすめの商品