うみのむこうは

五味太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784871100359
ISBN 10 : 4871100359
フォーマット
出版社
発行年月
1979年12月
日本
追加情報
:
25cm,1冊

内容詳細

うみのむこうへの思いが胸いっぱいにひろがり、豊かな想像力が生まれます。
こころがふるえる、そんな絵本です。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
少女が海の向こうに見ているもの。 可愛ら...

投稿日:2021/03/11 (木)

少女が海の向こうに見ているもの。 可愛らしい空想が続く中、不意に挟まれる「でも いじめっこも きっといるよ」という一文に虚をつかれる。 訪れる未来への憧れと恐れを見事に表現した傑作。

哲 さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やすらぎ さん

    うみのむこうには何があるのだろう。海と空の境目から太陽が昇ってくる。少しすると色が変わる。何でだろう。今日は雨、海も空も同じ色。風が強いと竜巻ができる。近づいてこないでほしい。雷は地球を一瞬明るくしてくれる。ちょっとうるさくて怖いけど。雨があがると虹が見えた。きれいだな。なんか地球って不思議だな。…そんなことを考えていた子どもの頃に思い出す。家の近くにはいつも海があった。海の向こうには何があるのか、何があってほしいのか、大人になった今でもわからない。とおいとおい海の向こうを想う気持ちを大切にしていきたい。

  • Kawai Hideki さん

    少女が浜辺に立って、海の向こに広がる世界に想いをはせる名作絵本。少女の頭の中の空想が、海の上に巨大な蜃気楼のように現れる演出が素晴らしい。巻末の「一本の樹」という編集部のミッションステートメントも良い。出版社は絵本館。ロゴは五味太郎が手がけている。「絵」の文字を元に、樹をデザインしたもの。今までも「さる・る・る・る」や「さんかくサンタ」「はしれはしれ」など、絵本館の本は何冊か読んでいたが、出版社のことをあまり意識してはいなかった。編集長のブログも面白い。いっぺんにファンになった。

  • ふう さん

    土日は孫の相手などで読書の時間があまりとれません。よく絵本を読み聞かせるのですが、今日はこれ。絵本は文だけでなく、絵でも想像が広がり楽しめるところがいいですね。孫はまず、海の向こうの真っ白で大きな雲にびっくり。わたしは突然現れた畑にびっくり。 『こわいどうぶつ』では、どの動物が怖いか言いっこして、あまり怖くない動物も発見。最後の『こっちをみている人』で、ぐんと海の向こうへ行きたくなりました。 海の向こうには何があるんだろう、どんな国があるんだろう…。海を見るときっと誰もが考えることですね。

  • gtn さん

    海の向こうに何があるか想いを巡らせる少女に申し訳ないが、著者の描く水平線は、丸みを帯びておらず直線なので、海の果てから落っこちるだけかもしれない。

  • くぅ さん

    想像力を養う絵本。こういうのを読むとホント五味さんって素敵な人だなぁと思う。単純に面白かったり楽しかったり好奇心を養う絵本もいいけれど、子供の心を育てるというところまでも考えてくれている気がして有難いです。息子は自分がいつも行く浜の向こうは「ビルと飛行機だよ!」と力説してました。ありのままを見て伝えることももちろん大事だね。(4歳1ヶ月)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

五味太郎

1945年、東京生まれ。工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、幅広いファンを持つ。著作は400冊近くあり、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。『つくえはつくえ』で2019年に講談社絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されて

プロフィール詳細へ

五味太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品