霞ヶ浦の縄文景観・陸平貝塚 シリーズ「遺跡を学ぶ」

中村哲也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787708359
ISBN 10 : 478770835X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
追加情報
:
21cm,93p

内容詳細

関東平野の東端、霞ケ浦の南岸の台地に広がる陸平貝塚には、今でも途方もない量の貝殻の堆積が残されている。内湾に恵まれた海産資源を獲り、日本列島屈指の大貝塚を作り上げた陸平縄文人たちの暮らしに迫る。〈受賞情報〉毎日出版文化賞企画部門(第65回)

【著者紹介】
中村哲也 : 1963年、東京都生まれ。明治大学大学院文学研究科考古学専攻博士前期課程修了。現在、美浦村教育委員会、学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中村哲也

柔道整復師・ウィステリア(藤接骨院グループ)代表。都内整骨院での3年間の修業を経て、2000年、静岡県吉田町で藤接骨院を開業。静岡県中部を中心に分院を開業、現在8店舗を運営している。一方で、特定非営利活動法人日本電気治療協会の副理事長をつとめ、施術技術などを伝えている(本データはこの書籍が刊行された

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品