自省録 歴史法廷の被告として 新潮文庫

中曽根康弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101207810
ISBN 10 : 410120781X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
326p;16

内容詳細

首相在職日数1806日。「戦後政治の総決算」を掲げて、国鉄の分割民営化など行政改革を成し遂げ、外交では日本の存在感を発揮し、長期政権を築いた中曽根康弘。海軍での体験、若き国会議員の頃、見聞を広めた雌伏時代、そして総理大臣へ。自らの来し方を振り返り、深い思索と人生経験に培われた政治哲学を語る。首相たるもの、権力の魔性を自戒せよ。戦後政治史を体現する元総理の「遺言」。

目次 : 序章 総理大臣の資質/ 第1章 政治家が書き遺すことの意味/ 第2章 人物月旦 戦後日本の政治家たち/ 第3章 人物月旦(続) 海外の偉大な指導者たち/ 第4章 わが政権を回想する/ 第5章 これからの世界を読む/ 第6章 漂流国家、日本のゆくえ

【著者紹介】
中曽根康弘著 : 1918(大正7)年群馬県生れ。東京帝国大学法学部卒業後、内務省入省。海軍主計少佐、警視庁監察官等を経て、’47(昭和22)年衆議院議員に当選。’59年科学技術庁長官、’67年運輸大臣、’70年防衛庁長官、’72年通産大臣、’80年行政管理庁長官等を歴任し、’82(昭和57)年内閣総理大臣に就任。首相在職日数は1806日。公益財団法人世界平和研究所会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • koba さん

    100歳になろうとする元首相の回顧録。重要な政治判断の裏話を期待したが、それほどでもなかった。面白かったのは人物評。決定的に思想が違っていても尊敬出来る政治家もいれば、首相になった者でもその器ではなかったような者もいる。実名による政治家の寸評は佐々淳行の「私を通り過ぎた政治家たち」にも詳しいが、中曽根への評価は高い。やはり政治家には哲学が必要であり、それに基づいた確たる国家観を持って国民に訴える力が必要。それが評価されれば指導者として認められる。とはいえ、日本人は強いリーダーシップを持つと独裁と嫌われる。

  • Mark X Japan さん

    最初と最後は、感情的なことが多く、さすがの著者も年を取ったせいかと思いました。しかし、今までの政治家としてなしてきたこと、そのために関係した人たちについては、筆が冴えまくっています。そのために、様々な光景が脳裡に鮮やかに浮かびました。命の限り蝉しぐれで、これからも元気に活躍してください。☆:4.0

  • dzuka さん

    特に自民党を支持しているわけでもない、中曽根さんが好きなわけでもない。でも、あのころ感じなかった違和感が、なぜ「今」あるのかを知りたくて、手に取った。 憲法改正、原子力推進などの政策や教育改革の方向性、アメリカ重視の思想は、「今」と変わらない。 でも、あの時はもう少し配慮と工夫があり。政治家が仕事をしている感じがした。 それが、この本によって少し紐解けたような気がした。そのキーは「人」と「哲学」。

  • nishiyan さん

    中曾根康弘元首相による回顧録。 文庫化されるまでに年月がかかったせいか、古さは否めない。 ただし同年代の政治家の人物月旦は読む価値がある。

  • takepon3 さん

    写真にあったキッシンジャーとのやり取りは是非、聴いてみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品