映画の四日間 PART2 中島貞夫シナリオゼミナール

中島貞夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860650025
ISBN 10 : 4860650026
フォーマット
出版社
発行年月
2002年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,196p

内容詳細

異才・中島貞夫が放つ映画ゼミナール第二弾。監督にしてシナリオライター、という著者ならではのシナリオ制作術。

目次 : 第1章 シナリオとは何か/ 第2章 シナリオを書き始める前に/ 第3章 『893愚連隊』を見る―登場人物を追って/ 第4章 シナリオを書くために/ おわりに―これだけ守ればな何とか書ける/ 附録 映像自分史ワークショップ(配布テキスト)

【著者紹介】
中島貞夫 : 1934年8月8日、千葉県東金市生まれ。映画監督。都立日比谷高校時代は野球選手として活躍する。55年、東京大学文学部美学美術史科入学。倉本聰らと「ギリシャ悲劇研究会」を結成し、日比谷野外公会堂公演での演出を担当する。59年、卒業と同時に東映入社。入社時に「おまえ、ギリ研か。ギリシャは古典、古典は時代劇や」といわれ、京都撮影所配属となる。64年『くノ一忍法』で監督デビュー。65年、京都市民映画祭新人監督賞受賞。67年よりフリー。やくざ、風俗、任侠、時代劇、文芸もの、喜劇等々、作品は多種多様。代表作に『893愚連隊』(日本映画監督協会新人賞・日本映画記者会賞受賞)、「まむしの兄弟」シリーズ、『木枯らし紋次郎』、「日本の首領」三部作、『真田幸村の謀略』、『序の舞』(インド国際映画祭監督賞受賞)、『女帝・春日の局』、「極道の妻たち」シリーズなど。これまでに監督した映画は61本。01年、京都市文化功労賞、02年、京都府文化賞功労賞受賞。現在、大阪芸術大学教授。映画研究誌『FB』同人。京都映画祭総合プロデューサー

吉田馨 : 1964年4月11日、兵庫県尼崎市生まれ。83年、大手前女子大学文学部歴史学科入学。87年、卒業と同時に尼崎市立地域研究史料館勤務。現在、愛知大学非常勤講師。映画研究誌『FB』同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中島貞夫

1934年8月8日生。1959年東京大学卒。同年東映入社。1964年『くノ一忍法』で監督デビュー。1997年「京都映画祭」総合プロデューサー、現・「京都国際映画祭」実行委員長

プロフィール詳細へ

中島貞夫に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品