臓器賭博 角川文庫

両角長彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041021712
ISBN 10 : 4041021715
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
302p;15

内容詳細

負けがこんだ男の代打ちを頼まれたギャンブラーの古賀。ゲームは現金の代わりに自分の臓器を賭けることができ、依頼主はすでに4つの臓器をとられていた。自分の臓器をカタに勝負に望む古賀。勝負の行方は?

負けがこんだ男の代打ちを頼まれたギャンブラーの古賀。ゲームが行われている地下賭博場のルールは、持ち金がなくなったら自分の臓器を賭け金代わりにするというもの。男はすでに賭け金だけでなく臓器を4つもとられ、監禁状態に置かれていた。金と臓器を取り戻すため賭場に乗り込んだ古賀だったが、そこには大きな落とし穴が…。日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた著者が描くノンストップ・ギャンブル小説!

[著者紹介]
1960年埼玉県生まれ。2009年『ラガド 煉獄の教室』で第13回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビュー。2012年「この手500万」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)候補となる。著書に『ハンザキ』『ブラッグ』など。

【著者紹介】
両角長彦著 : 1960年埼玉県生まれ。北海道大学教養部中退、一橋大学経済学部卒業。2009年『ラガド煉獄の教室』で第13回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイ さん

    臓器を賭けられるギャンブル小説。どことなくカイジを髣髴とさせられて面白かった。

  • ren5000 さん

    題名通り臓器をベットできるポーカーの話でした。とりあえず主人公が負けて終わりとは思わなかったのでどう勝つのかなというのを興味をもってさくさく読み進めましたらそうきましたか〜。これはポーカーの勝負の描写よりネタばらししたあとの伏線が面白かった小説でした。

  • sipey さん

    初の両角長彦作品。『臓器を賭ける』という設定に惹かれましたが、よく考えればジョジョ6部にも似た展開がありましたね(笑)。内容はいい意味でマンガ的で、『カイジ』と『LIAR GAME』を混ぜたような感じでした。非常に読みやすかったです。

  • watcho さん

    80点。他では見ない特異な設定、そして筋書きが面白い小説を読みたい人にはこれをお勧め。ギャンブルの興奮と、意外などんでん返しが楽しめる。ただし深みはない。

  • りゅういち さん

    軽いけど、しっかり作られていて面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品