恥知らずのパープルヘイズ 〜ジョジョの奇妙な冒険より〜

上遠野浩平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087806168
ISBN 10 : 4087806162
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
304

商品説明

上遠野浩平VS“ジョジョ”!!

JUMP j BOOKSが『JOJO』25周年を祝しておくる小説企画、第1弾がいよいよ登場!!
舞台は第5部、描くのは鬼才・上遠野浩平!!
そして鍵を握るのは『裏切者』パンナコッタ・フーゴだッ!!

内容詳細

舞台は第5部完結の半年後。“裏切者”パンナコッタ・フーゴのその後どうなったのか。

【著者紹介】
上遠野浩平 : 1968年生まれ。第4回電撃ゲーム小説大賞を『ブギーポップは笑わない』で受賞し1998年にデビュー。ライトノベルブームの魁となる

荒木飛呂彦 : 1960年生まれ。第20回手塚賞に『武装ポーカー』で準入選し、同作で週刊少年ジャンプにてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ジョジョの大ファンなので本を見た時外装の...

投稿日:2012/10/10 (水)

ジョジョの大ファンなので本を見た時外装のセンスのよさにうっとりしました。 パープルヘイズのパープル(紫)をあしらった外装は一度目にしてほしいものです。 300ページ弱ある本書ですが構成は上手でさほど苦痛に感じずよめました。 ただジョジョファンとしてはフーゴは天才ないし優秀な人間としてかかれているはずなのに簡単な問題がわからなかったりするのはかなり違和感が。 こじつけで血縁関係がある描写、挿絵は本当に荒木先生が書いたのかなと若干の違和感を感じました。 5部の絵を今更書くとこうなってしまうのかもしれませんがフーゴの顔がむくんでいたり、画風が5部とは若干違い残念でした。 しかしながら文章力はあると思いますのでファンならよんでみて損はないと思います。

ころん さん | 所在地 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんごろ さん

    『ジョジョの奇妙な冒険』の小説版!!第五部完結の半年後、チームを離脱したフーゴをメインとした話!回想シーンもあるので、後でコミック読みなおす必要もなく、新キャラのスタンドもコミックのように能力の紹介もあるし、そして、なによりも面白かったです!逆に漫画化して欲しいですね(^^)フーゴの葛藤がよくわかりますし、そしてリタイアした敵キャラや、まさかの第四部のキャラも、ちょこっとだけでてきますし、うまくコミックの方から細かく拾って楽しく読め、そしてウルッときました(^-^)やっぱりジョジョは面白い!

  • Die-Go さん

    再読。漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の世界を舞台にしたスピンオフ小説。本編では途中で仲間を脱落した、パンナコッタ・フーゴを主人公として立て、第5部終了後にジョルノ・ジョバーナがボスとして君臨する裏世界の裏切り者を、フーゴが追っていく。ジョジョの世界観を大事にしている感じが窺えて良かった。途中幾度も差し込まれる過去の出来事が、ジョジョ好きにはたまらないだろう。 ラスボスのお兄さんが第4部のあの人って設定はいらなかったかなー、とは思ったけど。★★★☆☆

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    原作未読のJOJOシリーズも三冊目に入りました。一冊目の乙一さんがJOJOの世界観だけを借りて自分だけの物語を作り上げ、二冊目で西尾さんがJOJOの物語を自分の物語に作り替えていた(様に見えた……)に対して、三冊目の上遠野さんはJOJOの世界をしっかり使いきった物語を作っているように見えました。上遠野さんの語り口が一番JOJO的なのかなあ、と読んでいて思います。エリエリ、という台詞が神様に祈る言葉に思えてなんだか面白かったです。人間の生の賛歌という意味では他お二方も変わらず、残る舞城さんが楽しみです。

  • ヒロユキ さん

    上遠野さんの描くジョジョ世界、著者の特色出まくりですね。名前だけ出てくる他の部のキャラクター、人選に意外性があって楽しかった。今作でジョルノがやりたかったことには思わずなるほどなと思わされました。器がでかすぎます(笑)個人的にミスタの戦いっぷりが好きなのでピストルズの活躍があればもっとよかったかな。

  • 苺仲良 さん

    ディ・モールト!これはすごいッ!想像以上の面白さ!文章だけで5部の雰囲気が出せるのか、とも思ったがそこはプロ作家、見事にジョジョの奇妙な世界観を紡いでみせる!そこにシビれる!あこがれるゥ!本編で途中退場したフーゴの後日談が多角的に描かれており、彼の成長が「言葉」でなく「心」で理解できた!どのキャラもスタンドも良かったけど、毒をもって毒を制するギャングの世界にはパープルヘイズはよく合ってる。フーゴの更なる一歩が見たい気もするけど、あのエピローグの先を求めるのは野暮かもしれない。素晴らしいスピンオフ!お見事!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

上遠野浩平

1968年生まれ。1998年『ブギーポップは笑わない』で第4回電撃ゲーム小説大賞“大賞”を受賞し、電撃文庫からデビュー。その後は電撃文庫をはじめ、ジャンルを越えて様々な作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

上遠野浩平に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド