悪いのは誰だ!新国立競技場 扶桑社新書

上杉隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594073527
ISBN 10 : 4594073522
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
追加情報
:
199p;18

内容詳細

「部外秘」資料を入手!メディアは絶対に報じない3つの利権の真相をすべて暴く!!気鋭のジャーナリストがキーパーソン8人に迫る!

目次 : 第1章 迷走の序曲〜すべてはスキー場から始まった―証言者/團紀彦氏(建築家)/ 第2章 1つ目の利権〜ラグビー利権―証言者/松沢成文参議院議員/ 第3章 2つ目の利権〜JSC利権―証言者/玉木雄一郎衆議院議員/ 第4章 3つの目の利権〜東京都利権―証言者/猪瀬直樹氏(作家)/ 第5章 不可解なデザインコンペ―証言者/團紀彦氏(建築家)、笠浩史衆議員議員/ 第6章 新国立競技場問題、悪いのは誰だ!―証言者/有森裕子氏(五輪メダリスト)、玉木正之氏(スポーツ評論家)、下村博文文部科学大臣

【著者紹介】
上杉隆 : 1968年、福岡県生まれ。ジャーナリスト。株式会社NO BORDER代表取締役社長。NHK勤務、衆議院議員鳩山邦夫公設秘書、『ニューヨーク・タイムズ』東京支局取材記者などを経て、2002年よりフリージャーナリストに。現在、ニュースサイト「DAILY NOBORDER」、インターネット番組「ニューズオプエド」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しーふぉ さん

    問題提起の仕方は上手で面白く読むことが出来たが、安藤忠雄は東大建築学科を憎んでいて、排除することが出来て満足していたとか、根拠薄弱なことも書いていて信頼性がどこまであるのか疑問。 コストの急騰で、税金が上がるのが分かっていながら低い税率で当初計算していたとか、そもそも最初の数字からして守る気がまったく無かったのが良く分かる。森元総理は早く引退してくれ。

  • 柏バカ一代 さん

    呆れた、利権が絡まって身動き取れてないだけじゃん。

  • うらじ さん

    森さんが老害すぎてビックリする。

  • Eddie さん

    この国はホンマにエエ加減な国ですな。 我々の税金が我々のために使われているとはとても思えません。

  • TAKU さん

    悪いだろう人は大勢いるのだろうけど最も悪い人が誰なのか明確ではないという事は誰も責任をもって本件に臨んでいないという事の裏返しなのだな。毎回、上杉さんの本は実に興味深い。だが建設費についてはもの申したい。建設費用というのは規模が大きくなっても材料が決まればほぼその金額はわかってしまうものである。おまけにこれだけ注目されている工事でとんでもない金額を入れれば他社から疑義が少なからず出る。やりたくなくてとんでもない金額を入れる事もあるが本例で建設業界が利権をむさぼるために金額を盛ったということはないと考える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

上杉隆

1968年、福岡県生まれ。都留文科大学卒業。株式会社NOBORDER(ノーボーダー)代表取締役。大学卒業後、NHK報道局、衆議院議員公設秘書、『ニューヨーク・タイムズ』東京支局取材記者などを経て、フリージャーナリストに。自由な言論空間をつくるため、メディア界のタブー「記者クラブ」制度に闘いを挑む。2

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品