ハイパーハードボイルドグルメリポート

上出遼平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022516749
ISBN 10 : 4022516747
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
521p;19

内容詳細

「ヤバい世界のヤバい奴らは何食ってんだ!?」「食の現場にすべてが凝縮されている」
テレ東深夜の単発番組としてスタートしながら、“他じゃ絶対にありえない"その内容で視聴者に衝撃を生んだ人気番組が書籍化。
人食い少年兵・マフィア・カルト教団……。
何が正義で何が悪か、“ヤバい"と“ふつう"の境界線とは―――。
数多の危険と困難を乗り越えた先の取材で、「食」を通じて描かれる世界のリアルとは

2019年ギャラクシー賞受賞! ! 購入者特典で完全未公開エピソード配信も
番組に収まりきらなかった未公開エピソードはもちろん、危険すぎる取材の裏側を余すところなく収録!
さらに単行本購入者特典として、
番組の完全オリジナルエピソード「“楽園"モルディブ・ゴミ島飯」の映像を限定配信!
(※本特典は電子書籍版にはありません)

著名人多数絶賛! ! 各種ニュースサイトも注目
【番組ファンの著名人からの推薦コメント】
田原総一朗
「このような凄まじい番組を、よく放送できたものだ。クレームを恐れた無駄な番組ばかりがどのテレビ局でも氾濫している中で、とび抜けて危険な番組である。リベリアの旧墓地に住む、元人食い少年兵たち。売春で生きている元少女兵もいた。台湾のマフィアたちの宴会、そしてロシアのカルト教に潜入。これはあきらかに、テレビのささやかならぬ暴動である。」

井口理 (King Gnu)
「グルメリポートと銘打ちながら「生きるってなんだろう」「人間ってなんだろう」と問いかけてくる番組が今まであったでしょうか。貧しくても、罪人でも、女でも男でも、みんな等しく平等に食べて生きている。おれたちみんな血の通った人間なんだと教えてくれる。すげー。」

【目次】
[リベリア] 人食い少年兵の廃墟飯
・自由の国 リベリア
・混沌市場
・横流しされた日の丸
・留置場のショー・タイム
・要塞ホテル
・“新"国営放送局廃墟
・人食い
・墓場の娼婦(ファム・ファタール)
・さらば、リベリア

[台湾] マフィアの贅沢中華
・台湾黒社会
・人骨煉剣
・命を食らう刀
・いきなり組長

[ロシア] シベリアンイエスのカルト飯
・閉鎖都市
・北朝鮮国営レストラン
・逃亡
・防空壕の罪人
・ドラッグアパート
・白装束の村
・教団宿の朝食
・信者・ニコライの昼食
・信者・イーゴリの夕食
・信者・セルゲイの昼食
・離脱
・裏側の夕食
・最後の審判

[ケニア] ゴミ山スカベンジャー飯
・屍肉を食むもの
・銃密輸地区
・シンナー・チルドレン
・地獄の門番
・汚染豚
・洞窟(ケイヴ)の青年
・赤飯

【出版社からのコメント】
この本は美食を巡るグルメ本であり、悲劇の地を辿るダークツーリズムであり、メディアに従事する者の仕事術紹介であり、危険のむこう側を活写したルポルタージュであり、人々との出会いの物語であり、分断の時代の新しい教科書です。
テレビ番組から生まれた本ですが、番組ファンはもちろん、番組を見たことのない方にこそ読んでもらいたい内容になっていると思います。是非手に取ってみてください。

●著者について
上出遼平 (かみでりょうへい)
テレビディレクター・プロデューサー。1989年東京生まれ。早稲田大学卒業後を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社。『ハイパーハードボイルドグルメリポート』シリーズ企画、演出。企画、ロケ、撮影、編集まで番組制作の全過程を担う。空いた時間は山歩き。


【著者紹介】
上出遼平 : テレビディレクター・プロデューサー。1989年東京生まれ。早稲田大学を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本棚 さん

    テレ東の人気番組を書籍化した作品、著者はテレビ東京ディレクターの上出遼平さん。「世界のヤバい地域に足を踏み入れ×ヤバい奴らの食事を頂く」 というヤバいの掛け算的内容。「リベリアの人食い少年兵の廃墟飯」「台湾マフィアの贅沢中華」「ロシアのシベリアン・イエスのカルト飯」「ケニアのゴミ山スカベンジャー飯」とタイトルだけで読みたくなる。リベリア・ケニアなどは、建前のない国なので本能丸出しの人間ばかりで取材も命懸け、だからこそ読む価値があるし、読んだ後は人生観変わるくらいに面白かった。

  • bookrockcurry さん

    ★★★★★

  • leo さん

    めちゃクソ面白い。今年か昨年末の深夜に三夜連続で総集編が放送されたテレビ版を観て、書籍化を知り絶対買おうと思った一冊。総集編に入らなかったエピソードや番組に収録されなかったエピソードも満載で大満足。世界の危険地帯をテーマにしたドキュメンタリー作品は数あれど、そこに"飯"と言うテーマを組み込んだアイデアは素晴らしい。人が何かを食べると言う行為は、生きることの根源なんだな。その瞬間はその人本質が見えてくると言うことらしい。

  • 0607xxx さん

    食=生きること。リベリアの人食い少年兵の廃墟飯、台湾のマフィアの贅沢中華など、普通は踏み込めない世界に突っ込んでいく同名のテレビ番組の書籍化だが、テレビでの内容は氷山の一角にすぎず、この本ではより深い世界へと誘ってくれる。当たり前が当たり前ではなくなってきた今の状況と重なり、幸せとは?などの価値観についても考えさせられる一冊。著者にはもっと多くの本を書いて欲しい。また、番組のファンは勿論、多くの人に読んでもらいたい!

  • いまぷ@神戸元町コネクトロン さん

    アナウンサーの小島慶子が「アナウンサーなのに文章がお上手ですね」と誰ぞから言われたことに対して、アナウンサー(それも女子アナ)に対して世間が抱いているイメージに気付かされた的なことをTweetしていました。それと同じように(同じなのか?)テレビディレクターなる人の著作に溢れかえっている見たこともない漢語の多さに魂消ました。恥ずかしながらフリガナがないと読めない単語、文脈からその意味は推察されるけどそれが単独であったなら多分わかんないだろうな、という言葉。出自はどこ?とプロフィールを見直しました。→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

上出遼平

テレビディレクター・プロデューサー。1989年東京生まれ。早稲田大学を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品