ロード・エルメロイII世の事件簿 5 「case.魔眼蒐集列車 下」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041080788
ISBN 10 : 4041080789
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
400p;15

内容詳細

予想外の襲撃によってII世は倒れ、列車は大いなる脅威に遭遇する。グレイはカラボー、イヴェット、途中乗車したメルヴィンと協力し窮地からの脱出を試みる。複雑にもつれあう事件の終着駅は…?

【著者紹介】
三田誠 : TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    ロード・エルメロイU世とヘファイスティオンのやりとりとヘファイスティオンの過去の境遇が印象に残りました。影武者ってそういうことなのか・・・。最後のグレイとメルヴィンの会話はいい読後感を残してくれました。今回登場したマスターとサーヴァントはこれで終わりではないと考えるとまだまだ期待できそうです。

  • どんぐり さん

    アニメを視聴してからの読了。魔眼大投射があんなにもハイコストで発射シークエンスの背景など分かりやすく、なるほどと。 何より今作の醍醐味は聖槍抜錨シーン。ルールサーティーン、承認は五つだったけれど、五拘束は解放された。祈りの輝ける槍。グレイの成長が愛らしい。次巻も楽しみだ。

  • ソラ さん

    アニメは結構削ってたんだなぁという印象。尺の問題があるから仕方ない…。

  • miicha さん

    最後のほうでジーンとしてしまった。アニメ版も楽しかったけど原作版も読めて良かったです。グレイたんの心情により近づけたような気します。

  • ふらこ さん

    なんとか凌いだっていう感じではあったけれども。でも、生き延びたんだから、すごいっていう戦いだったなあ。グレイの武器の新形態とかシステムとか出てきてわくわく。親友殿が魔術師らしい残忍さがあってゾクゾク。良いと思うよ。残虐で悲惨なやつ。伝奇ホラーぽくて良い。次巻も楽しみですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品