ロード・エルメロイII世の事件簿 4「case.魔眼蒐集列車 上」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041080771
ISBN 10 : 4041080770
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
257p;15

内容詳細

魔眼蒐集列車。欧州の森を今なお走り続ける伝説。とある招待状によって巻き込まれたエルメロイII世は、天体科のオルガマリーたちとともに、奪われた誇りを取り戻すため魔眼のオークションに参加する。

【著者紹介】
三田誠 : ライトノベルの執筆を中心に活躍。近年では、TRPGリプレイ形式の創作物『レッドドラゴン』のフィクション・マスター、漫画原作など、多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    ロード・エルメロイU世が持っていたイスカンダルの聖遺物が盗まれ、代わりに魔眼を売り買いするオークションを開いている魔眼蒐集列車からの招待状が残されています。聖遺物を取り戻すべく、内弟子グレイと新たな弟子カウレスとともに列車に乗り込みます。列車という密室で殺人事件が起こり、サーヴァントまで登場して・・・というところで謎解きは下巻になります。上巻では犯人らしい人物は見当たらないので、どうなるか楽しみです。9月現在アニメも放映中ですが、原作とは変えている部分もあり、こちらも楽しめそうです。

  • 雪紫 さん

    立ち読みにて読了。列車にはミステリが良く似合う。雰囲気は凄く良い。奪われたライダーのあれが関係?それとも無関係?もわからず殺人についてはお手上げ(アニオリ話にヒントあるかな?)。しかし、誰も犯人じゃなさそう・・・(ジャンマリオだったら一番意外)。1話でライネスの隣に座ってるシーンから思ってたけどやっぱりメルヴィン、彼女の同類じゃん(後編での彼のリアクションに激しく期待)。アニメ放映楽しみ。

  • ソラ さん

    アニメにて視聴済み。ただ、手探りで見ていたアニメと違って一度見たうえで読むとまた面白い。

  • どんぐり さん

    あとがきにもあるが魔眼、なんど中二病的で素敵なワードでしょうか。心惹かれます。月型の中でも稀有な存在感ロード・エルメロイ2世。イスカンダルとの絆を改めて感じることのできる媒体です。グレイ、化野、ライネスらレギュラーに遅れて、遂に邪魔くさそうな友人が次巻より合流。来月も楽しみ。

  • kid さん

    ロード・エルメロイU世の人生の中で1番大切なものが盗まれてしまった。イスカンダルの聖遺物。取り戻すために招待状に記された伝説の魔眼蒐集列車に乗り込む。そこで事件は起こりという流れ。今回は上下巻。アニメ放送と同時平行で読んでいるので、原作のこのシーンがアニメではこのシーンになりと、すんなりと流れの変更が読めて感動・感激してしまう。1番気になっていた巻なので下巻も楽しみに読んでいきたいと思う。TYPE-MOON作品をより好きになっていくシリーズだとしみじみ感じました。魔術と謎、万歳!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品