総合ランキング: 6位 / 文芸ランキング 1位

《SEVENTEEN文庫 全員》十五少年漂流記[角川文庫]

ヴェルヌ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042022015
ISBN 10 : 4042022014
フォーマット
出版社
発行年月
2019年5月発売予定
これからのご注文は6月上旬からのお届けになります
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,271p

商品説明

日本ファーストシングル『Happy Ending』を2019年5月29日(水)にリリースする13人組ボーイズグループ・SEVENTEEN が、角川文庫とタッグを組んだ『SEVENTEEN文庫』を数量限定で発売!

シングルのタイトル『Happy Ending』にちなんでセレクトした“Happy Ending”な海外文学作品全14タイトルが、メンバーソロver.13種+全員ver.1種の「超幅広オビ」で登場。オビの折り込み部分には、切り取って使えるしおり付き!

多彩なジャンルの海外名作の数々に、ぜひこの機会に触れてみてください。

内容詳細

荒れくるう海を一隻の帆船がただよっていた。乗組員は15人の少年たち。嵐をきり抜け、なんとかたどりついたのは故郷から遠く離れた無人島だった――。冒険小説の巨匠ヴェルヌによる、不朽の名作。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紫 さん

    なんで子供の時に読まなかったんだろう。そうしたらもっともっとワクワクしただろうに! もちろん今でも十分楽しめた。でも子供とは全然感情の種類が違う気がする。それぞれの年代で読み逃してはいけない本のひとつなんだろう。あと挿し絵付きで読みたい本だった。

  • へろ (冬眠中) さん

    十五人の少年が迎えた絶対的危機。困難を乗り越える勇気・信頼・冒険の物語です。角川フェアに便乗して初読しましたが、素晴らしい内容でした。最後まで諦めないこと。仲間を信頼すること。精一杯生きること。未来を見据えること。大人視点で非現実的と言えば終わりですが、この物語には、あまりにも多くの教訓が含まれていると思います。どうか、これから未来を歩く少年少女が、強く明日へと進めますように。

  • fumikaze さん

    「十五少年漂流記」 再読。 といっても読んだのは数十年前のことであるが。 この物語では偶然皆いい子達だったから、全員無事に帰ることが出来たが、現代の子供達だったらどうだろう。こんな風に協力しあってやっていけるだろうか。それと、黒人と白人の間にある上下関係が、現代の私達にとっては気になるが、当時はそれが普通だったのかもしれない。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    家族ロビンソン、ロビンソンクルーソと並ぶ冒険物語。 無人島と思われる島に漂着する少年達。 寝る前にいろいろ想像しながら地図を書いて眠りました。

  • 黒子 さん

    ズバッと明快なタイトルが好き。夏休みのヨット航海を楽しみにしていた15人の少年たちが突然無人島での漂流生活を余儀なくされる。最年長で14歳、国籍などの違いから気持ちが通わない少年たちがひとつひとつ問題に立ち向かい一致団結していく。落ち着いたゴードン、勇敢なブリアン、小生意気だけど強いドニファン、3人の上級生を筆頭に個性豊かな少年たち。この15人のチームはまさに最強、後に現れる敵たちが気の毒に思える。マイルの距離換算をスムーズにできると島の探索描写からイメージが膨らんで楽しい。あとバクスター好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト