DVD

歌劇『ナブッコ』全曲 G.クレーマー演出 ルイージ&ウィーン国立歌劇場、ヌッチ、グレギーナ、他

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TDBA0119
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤

商品説明

ルイージ&ウィーンの『ナブッコ』(DVD)

ヴェルディ初期の傑作『ナブッコ』がウィーン国立歌劇場で初めて上演された、2001年公演のライヴ。1842年のスカラ座での初演以来、159年目のウィーン初登場となりました。 シュターツカペレ・ドレスデンの主席指揮者に就任が予定されて注目度が高まっているファビオ・ルイージのさっそうとした指揮、ヌッチ、ゲルギーナ、ドヴォルスキー、ドマシェンコ等の名歌手たちによる歴史的な公演の記録です。
 ギュンター・クレーマーによる象徴的な演出も見ものです。

・ヴェルディ:歌劇『ナブッコ』全曲

レオ・ヌッチ(Br:ナブッコ)
ファビオ・ルイージマリア・グレギーナ(S:アビガイッレ)
ミロスラフ・ドヴォルスキー(T:イズマエーレ)
ジャコモ・プレスティア(Bs:ザッカリア)
マリーナ・ドマシェンコ(S:フェネーナ)、他

ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
ファビオ・ルイージ(指揮)

演出:ギュンター・クレーマー

ライヴ収録:2001年6月、ウィーン国立歌劇場

収録時間:126分
画面:カラー、16:9
音声:リニアPCMステレオ、ドルビーデジタル5.1、DTS 5.1
字幕:日本語、イタリア語

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2001年、ウィーン国立歌劇場でライブ録音。...

投稿日:2021/03/06 (土)

2001年、ウィーン国立歌劇場でライブ録音。 序曲から素晴らしい。 ルイージの指揮のもと、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の美しくも力強い音が存分に味わえる。また、合唱団のレベルの高さも群を抜いている。 ソリストはヌッチとグレギーナしか知らなかったが、イズマエーレを歌うミロスラフ・ドヴォルスキーが印象に残った。 皆それぞれが最高のパフォーマンスをみせてくれる。 個人的には現代的な演出よりオーソドックスで戯曲に設定されている時代での演出が好きなのだが、この現代的な演出にそれほど違和感や奇異を感じることはなかった。 常に登場人物たちの心にフォーカスした演出だと思う。 舞台美術(セット)はほとんどない。暗闇の中に歌手たちがスポットライトを浴びて立っており、そのことで観客をドラマに集中させる効果を生んでいるようだ。 この演出からは遥か昔から続くユダヤ人の迫害について考えさせられる。 これまで「行け我が思いを」は美しい合唱曲という捉え方をしていたが、ここでは合唱団の一人一人に写真パネルを持たせていて(おそらくそれらは第二次世界大戦でナチスに命を奪われたユダヤの人々と思われる。)この演出から、この合唱曲がユダヤの悲しい歴史を訴え続けるメッセージを込めていることが分かった。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
確かに演出はナブッコらしさがなくわかりに...

投稿日:2011/05/09 (月)

確かに演出はナブッコらしさがなくわかりにくいので、初めてナブッコを観るという人にはMETのものなど他の公演映像を観ることをお勧めします。しかしながら、演奏と歌の水準は高く、映像化した価値は十分あると思います。オペラは歌と演奏で評価するべきだと思うので、このレベルの演奏で低い評価をつけるのは気の毒な気がします。歌手も揃っているし、歌重視の人にはお勧めです。

ぽんころ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
演出は冒頭のシーンからいきなり全く意味不...

投稿日:2009/09/27 (日)

演出は冒頭のシーンからいきなり全く意味不明のまま進行する。第1幕の薄幕も、ただ見づらいだけでいかほどの効果も上げてはいない。とにかく万事がそんな調子だ。わかりやすさという点ではモシンスキー、メトの対極に位置する『ナブッコ』である。一方、歌手陣(アビガイッレは、ここでもグレギーナ)とルイージの音楽はなかなかの充実ぶりだ。ことにウィーン国立歌劇場のオーケストラもコーラスも、ともに重厚な厚みのある響きを聴かせてくれる。

烏 さん | 広島県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品