DVD 輸入盤

歌劇『アイーダ』全曲 ゼッフィレッリ演出、シャイー&スカラ座、ウルマーナ、アラーニャ

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0743209
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

シャイー&スカラ座/ヴェルディ『アイーダ』

ブーイングに怒ったアラーニャが本番中に退場したことで多いに話題になった『アイーダ』公演がDVDで登場。もちろんあの「事件」の起きる前までに収録された映像で制作されています(プローディやメルケルといった各国首脳が出席したプレミアは無事で、事件が起こったのは2日目の公演でした)。
タイトル・ロールを務めたのはリトアニア出身のソプラノ、ヴィオレータ・ウルマーナ。そして、そのライヴァルであるアムネリスには、パワフルでドラマティックな歌唱で知られるハンガリーのメゾ、イルディコ・コムロシが登場。指揮を務めたのは、充実の活動を続けるミラノ出身のシャイー。フランコ・ゼッフィレッリが演出とともに担当した舞台美術も豪華で見応え十分です。スキャンダルばかりが先行してしまったのが惜しまれる公演ですが、このDVDでスカラ座初日の気分を是非味わってほしいところです。(ユニバーサルIMS)

・ヴェルディ:歌劇『アイーダ』全曲
 ヴィオレータ・ウルマーナ(アイーダ)
 ロベルト・アラーニャ(ラダメス)
 イルディコ・コムロシ(アムネリス)
 ジョルジオ・ジュゼッピーニ(ランフィス)
 カルロ・グェルフィ(アモナスロ)、他
 ミラノ.スカラ座管弦楽団&合唱団
 リッカルド・シャイー(指揮)
 演出、舞台美術:フランコ・ゼッフィレッリ
 収録:2006年12月 ミラノ、スカラ座
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ、DTS 5.1サラウンド
 字幕:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語
 NTSC
 Region All

収録曲   

ディスク   1

  • 01. シャイー&スカラ座/ヴェルディ『アイーダ』

ディスク   2

  • 01. <!-- -->

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
Blu-rayで視聴、鮮明なだけに所々で映像を...

投稿日:2013/09/20 (金)

Blu-rayで視聴、鮮明なだけに所々で映像を重ねる編集は蛇足。ただ伊語字幕も観易く、字幕に集中した分、編集の瑕疵はさほど気にならなかった。声楽や伊語の門外漢なので伊語字幕は有難かった。過去時制の(現代伊語であまり用いられない)遠過去やトロンカメント(語尾母音の省略)が多用される歌詞、現代伊語と異なる言い回しが、素人なりによく判った。関係代名詞を使わないシンプルな歌詞は、初心者でも解り易い作品と感じた。作品の真髄に接するには原語をある程度理解するのが早道、伊語オペラの殿堂スカラ座だけに、気合いを入れて観た充足感はある。アラーニャの件で話題になったシーズンだが、ロイヤルボックスのドイツのメルケル首相の姿や正装した聴衆もゴージャスな雰囲気に彩りを添える。

燕の巣 さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
Blu-rayで視聴。 PCMは48kHzの2.0ch、DTS-...

投稿日:2011/03/13 (日)

Blu-rayで視聴。 PCMは48kHzの2.0ch、DTS-HDMAは48kHzの5.1ch収録です。 PCMマルチは未収録です。 音質は素晴らしく、サラウンドの加減もちょうどいいです。 S席の擬似体験ができます。 画質もBlu-rayらしく綺麗なのですが、余計な映像の挿入が酷いです。 序曲や間奏曲のときならともかく、アリアの最中にも頻繁に挿入が繰り返されます。 編集者のセンスを疑います。

家電芸人 さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
近年の上演で今どきこんな豪華な映像を見る...

投稿日:2009/08/06 (木)

近年の上演で今どきこんな豪華な映像を見る機会は少ないと思います。大抵オーソドックスかつ壮麗な舞台というのは古臭く見え演劇的にも不満が残るものですが、この舞台はそんなことはありません。やや斬新でもありますが、贅沢なエンターテイメントです。しかも雰囲気は壊さない!歌手陣も良いです。力強いパヴァロッティよりも繊細なアラーニャの方がラダメスにふさわしいと思いますし、コムロジはアムネリスに必要な要素を全てクリアしてます。ウルマーナは容姿に心配(?)がありましたが意外にも何とかなってます(笑)キャラは結構女性的なんですよね。アンサンブルは水準高し!なんだか、ムーティの呪縛から逃れ弾けたスカラ座を感じたのは気のせい?とにかく目にも耳にも贅沢ですね。アイーダというより一つの娯楽として楽しむのが良いと思います。

オペラが婚約者な男 さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品