CD 輸入盤

『ファルスタッフ』 アバド&ベルリン・フィル、ターフェル

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
471194
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

クリティカル・エディション使用!<br>ヴェルディ:歌劇《ファルスタッフ》全曲<br>クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br>サー・ジョン・ファルスタッフ(勲爵士)…ブリン・ターフェル(バリトン)、フォード(富裕な市民)…トーマス・ハンプソン(バリトン)、フェントン(若い紳士、ナンネッタの恋人)…ダニール・シュトーダ(バリトン)、医師カイウス…エンリコ・ファチーニ(テノール)、バルドルフォ(ファルスタッフの配下)…アンソニー・ミー(テノール)、ピストラ(ファルスタッフの配下)…アナトーリ・コチェルガ(バス)、アリーチェ(フォード夫人)…アドリアンネ・ピエツォンカ(ソプラノ)、ナンネッタ(フォードの娘)…ドロテア・レーシュマン(ソプラノ)<br>ベルリン放送合唱団、(合唱指揮:シモン・ハルゼイ)<br><br>録音:2001年7月《4Dオーディオ・レコーディング》<br>ターフェル、そしてアバドがベルリン・フィルハーモニーと全精力を傾けたヴェルディ。古今の喜劇作品の最高傑作《ファルスタッフ》登場!

収録曲   

クラシック曲目

  • Giuseppe Verdi (1813 - 1901)
    Falstaff
    演奏者 :
    Terfel, Bryn (Bass Baritone), Hampson, Thomas (Baritone), Pieczonka, Adrianne (Soprano), Roschmann, Dorothea (Soprano), Shtoda, Daniil (Tenor), Diadkova, Larissa (Mezzo Soprano), Mee, Anthony (Tenor), Facini, Enrico (Tenor), Doufexis, Stella (Mezzo Soprano), Kotscherga, Anatolij (Bass Baritone)
    指揮者 :
    Abbado, Claudio, Abbado, Claudio
    楽団  :
    Berlin Philharmonic Orchestra, Berlin Radio Chorus
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1893, Italy
    • 言語 : Italian
    • 時間 : 113:27
    • 録音場所 : 04/2001, Great Hall, Philharmonie, Berlin [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
美声のターフェルではファルスタッフが若々...

投稿日:2015/03/08 (日)

美声のターフェルではファルスタッフが若々しく聴こえて違和感を感じだ。 遊び心を表現するところでは声の味わいより技術でカバーしているように思う。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヴェルディの大傑作「ファルスタッフ」。ア...

投稿日:2012/05/10 (木)

ヴェルディの大傑作「ファルスタッフ」。アバドさんのこのディスクは、オペラとしてのこの作品のまことに見事な演奏というべきでしょう。いかにもアバドさんらしく、一切の誇張や無理がなく、自然な流れの上に、選り抜きの歌手たちが心地よい歌を聞かせてくれます。それは、たとえば、カラヤン&ウィーンフィルの新盤が、もっと演劇的な芝居っ気の多いスタイルになっているのとは違っております。個人的にはカラヤンのその芝居っ気がこのオペラにはとっても似合っている気はするので(すばらしい演奏ですよ!)、それに比べるとアバドさんはちょっとそっけないのですけど、でも、音楽としての完成度は極めて高い、立派なものだなあ。歌手はみんな見事。オケもフットワークの軽さを発揮してスゴイ出来(ベルリンフィルらしからぬといふ感じ)。録音は超優秀。傑作オペラの傑作ディスク、まことに結構でしょう。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

3
★
★
★
★
★
アイ−ダと並んでヴェルディの最高傑作いや...

投稿日:2005/04/06 (水)

アイ−ダと並んでヴェルディの最高傑作いやイタリアオペラの至宝。網の目の様なオーケストレーションとソロ、重唱、合唱が縦横に絡み合いなおかつ主役や指揮にはある種の軽さ、洒脱さが求められる難曲にアバドが現時点での決定的な解決を示した歴史的な名演。このオケの透明さを失わない雄弁な表現力はただ事ではない。粋さや洒落はすでにこの世からは絶滅してしまっているのでこれで良い。

いたみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品