ヴェルター メアス / 平野郷子訳

人物・団体ページへ

キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生 上

ヴェルター メアス / 平野郷子訳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309204208
ISBN 10 : 4309204201
フォーマット
出版社
発行年月
2005年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,301p

内容詳細

こびとの海賊、クラバウターお化け、おしゃべり波、救助ザウルス…。今はない大陸ツァモーニエンを舞台に、みなしごブルーベアの冒険が始まる。ドイツで100万部突破、全く新しい博覧“狂気”なファンタジー。

【著者紹介】
ヴァルター・メアス : 1957年生れ。ドイツを代表するコミック作家。1985年にコミック「ははあ!」でデビュー。初めての小説である『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』が、発売と同時に人気を呼び、100万部を超える大ベストセラーとなった。現在ハンブルグ在住

平野卿子 : 翻訳家。お茶の水女子大学卒業後、ドイツのテュービンゲン大学留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 円盤人 さん

    「ブルーベアは二十七の人生を生きる。その半分、十三と二分の一をぼくはこの本で明かそうと思う。クマたるもの、陰の部分をしょっていなければならぬ。それでこそ、謎めき、魅力的にもなろうというものだ」。本作はこの、人を食った序文から始まる。青いクマが太古の大陸を旅し、13と1/2の冒険を繰り広げる奇想天外なファンタジーで、力技の大ボラと、ペダンティックで緻密な小ボラ、二種類の嘘が縦横無尽に混ざり合い、実にゆかいな読書空間へトリップさせてくれる。僕の人生最良の小説。児童書だが、ひとりでも多くの大人に読んで貰いたい!

  • 本のしおり さん

    もうほんとに、めちゃくちゃ好きな本。 三回は読み直した。 言葉では言い表せられないほど、おもしろい。

  • ともこ さん

    物語の舞台設定、登場するキャラクターが魅力的。早く続きを読みたくなる。

  • こんがりモード さん

    自分の中で世界一面白い児童書。子供でも大人でもとにかく読んで!絵も文も、細かいところまで細密に書かれたこの本には脱帽です!

  • 梅の木 さん

    「面白い」が具現化された本だと思う これ以上に面白い本を私は知らない

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品