ヴァージニア・ウルフ

人物・団体ページへ

自分ひとりの部屋 平凡社ライブラリー

ヴァージニア・ウルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582768312
ISBN 10 : 4582768318
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
269p;16

内容詳細

「もし、シェイクスピアに妹がいたなら…」“女性と小説”というテーマで講演を頼まれた語り手は、有名な兄のように、支援者も、模範とすべき先達も、お金も時間も、ひとりになれる部屋もないなか、ものを書こうとしてきた女性たちに思いをはせる―イギリスで男女平等の参政権が認められた一九二八年、ケンブリッジ大学の若き女子学生たちに向けた講演をもとに、物語の形をとりながら、女性の文学の歴史と未来への期待を見事に紡ぎ出したフェミニズム批評の古典。

【著者紹介】
ヴァージニア・ウルフ : 1882‐1941。ロンドン生まれ。文芸評論家のレズリー・スティーヴンの娘として書物に囲まれて育つ。1904年より、知人の紹介で書評やエッセイを新聞などに寄稿。父の死をきっかけに、ロンドンのブルームズベリー地区に移り住み、後にブルームズベリー・グループと呼ばれる芸術サークルを結成。1912年、仲間の一人、レナード・ウルフと結婚。33歳から小説を発表しはじめ、三作目『ジェイコブの部屋』(1922)からは、イギリスでもっとも先鋭的なモダニズム芸術家のひとりとして注目される

片山亜紀 : 獨協大学外国語学部准教授。イースト・アングリア大学大学院修了、博士(英文学)。イギリス小説、ジェンダー研究専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    初ウルフ。これは随筆なのだが、架空の女性作家を登場させるなど現実と虚構が混ざり合った擬似的な小説の感覚で読めた。主題は「女性と小説」。先駆となる女性作家の歴史を女性の社会的立場の変遷と共に紐解き、彼女たちの心情などが語られる。オースティンは執筆を共用の居室でしか出来ず、集中できる環境ではなかったらしい。女性の創作への理解が全く為されない時代があった。これが書かれた1920年代でもまだ不遇だった思う。でも彼女は本作の主張として男女の対立(比較)よりも小説を書いて欲しい、それが大切と締め括るのが印象的だった。

  • こばまり さん

    怒ってます。女性たち奮起せよと檄飛ばしてます。付された膨大な注釈から、勤勉な読書家でなければ優れた批評家にはなれぬと感嘆。CブロンテやJオースティンが描くヒロイン像は旧態依然であるとバッサリ。成る程フェミニスト視点だとイラつくかもしれない。私は結構好きだけれども。

  • miyu さん

    こんなにも機知に富んだ大先輩の講演がもしも今開かれるとしたら万難を排してもその場に居合わせたい。女性達に寄り添いながらも意外にウルフの視点が同性にクールで驚く。『女性であることが保護される職業でなくなったら何でも起こりうるだろう』『匿名性は女性の血の中を流れています。ヴェールの奥に隠れていたいという思いにいまなお女性は取り憑かれています』長きに渡る女性への理不尽な差別を語りつつも最も必要なのは貴女がたの姿勢であるとさりげなく口にする。自分一人の部屋と500ポンドがあれば全てが解決するわけではないのだから。

  • かもめ通信 さん

    “フェミニズム批評の古典”とされるこの作品にまさかこれほど共鳴しようとは思わなかった。いままでただただ感覚的にとらえていたあれこれが、体系だって認識できたことによって、いわゆる“古典”といわれる文学作品への目の向け方が大きく変わった気がする。おそらくこの本は今後の私の読書生活に大きな影響を及ぼすことになるにちがいない。

  • ふるい さん

    〈女性と小説〉について。現実を注意深く観察し、考え、ものを書くためには自分ひとりの空間と時間が必要であり、そのためには何よりもまず安定した収入が不可欠である。家父長制に縛られ、家事・育児に忙殺されまともな教育も受けられず稼ぐ手段もない女性たちのなかから、シェイクスピアのような偉大な作家など生まれるはずもなかった。ウルフが生きた時代は女性に参政権が与えられたばかりで、彼女たちも手探りで進むしかなかっただろうが、およそ100年が経過した今、ものを書きたいと願う女性たちはどのような状況におかれているだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴァージニア・ウルフ

1882‐1941。1882年、著名な文芸批評家レズリー・スティーヴンを父親として、ロンドンに生れる。父親の教育と知的な環境(ブルームズベリ・グループ)の中で、早くから文芸への情熱をはぐくむ。1915年、最初の長篇小説『船出』を出版し、ついで『夜と昼』『ジェイコブの部屋』を発表する。さらに、小説世界

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品