成功する人だけが知っている 本当の「引き寄せの法則」

ワタナベ薫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594076740
ISBN 10 : 4594076742
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
追加情報
:
239p;19

内容詳細

あなたは「引き寄せの法則」を正しく理解していますか?

本書で紹介するのは、なにかうまくいかない、どこかしっくりこない、そんな方にぜひ知っていただきたい本当の「引き寄せの法則」。

ただ気分よく過ごしていれば引き寄せられるわけではありません。長くネガティブな状態にいて引き寄せられるわけでもありません。巷で言われている「引き寄せの法則」を実践しているのに叶わない、もう引き寄せの法則なんて信じない、という状態に陥ってしまった引き寄せ難民″たちを救う1冊となる本書。

女性には、お金、美、人間関係、恋人・結婚、成功…欲しいものがたくさんあります。これらを楽しんで手に入れるための実践的アドバイスを詰め込みました。もちろん、引き寄せの法則の初心者にもおすすめです。


(本文より)

よく「変えられるのは自分と未来。変えられないのは他人と過去」なんて言われますが、じつはそうでもありません。過去に起きた出来事も、他人の言動も私たち自身の解釈次第。自分が変われば、相手も大いに変えられます。

自分も他人も、過去も未来もすべて、私たちの手の中にあるのです。

願いとは、あなたの思考であり、感情であり、興味であり、祈りです。だから、自分の内側としっかり向き合う必要があるのです。

なぜ? を問うことで答えが見つかり、次なる行動への一歩を踏み出せるようになります。思考と感情がシンプルにつながり、驚くべきスピードで願いが叶うようになるわけです。

うまく説明ができない。言語化もできない。でも心の奥底からやってくる、突き動かされるような衝動をしっかりキャッチし、行動に移せる人が引き寄せ名人になっていくのです。

たくさん行動しましょう。失敗をおそれる必要はありません。成功に通じる失敗は、もはや失敗とは呼びません。何歳になっても新しいことにチャレンジできるし、失敗から学ぶことができます。そして、思い通りの人生を作り上げていきましょう。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hanak さん

    スピードが求められる現代社会では、引き寄せも即!って人が多いのかもしれないけれど。やはり努力なくしては実りはもたらされないし、じっくり自分と対話しないと本当に欲しいものは見えてこない。そんな人のための巻末のワークシート、なかなか良いと思います。そして、4章に「お金はみんなの幸せと笑顔を増やすことができるツール」という一文があって、なんだかすごく納得した。お金は大切だけど、道具のひとつに過ぎないと思ったら、それに振り回されることはないなぁ、と。もちろん、いくらあっても困りませんけどね(笑)。2017-34

  • 虹雪 さん

    引き寄せの本を一冊しか読んだ事がなかっく、この本を書くにあたり何冊も読んだそうです。結構読んでいるイメージがあったので驚きです。前半は引き寄せについて負のイメージが想像出来る事ばかりで、結局何なんだろうと思っていました。後半は納得。望む未来は自分が創る。あなたが見ている世界は自分の解釈と意味付で成り立っている。そこに真実は何もない。最近自分の物差しと他人の物差しについて考えることが多く、この言葉はそうだと思いました。自分の直感に従って望むことに行動がプラスする事で得られる。自分が願った未来に。

  • アヤ さん

    前向きに生きるための、HOW toが詰まった本。決して他力本願なことではなく、前向きに生きるための考え方のアドバイスが詰まっている。ココロの元気を充填できる、自己啓発本。

  • あきこ さん

    最近は色々な引き寄せ本がありますが、この方の書かれる引き寄せは分かりやすく納得できます。イメージングって大切だなと思いました。自分の振る舞いや置かれる環境には気を付けていきたいです。

  • neji さん

    引き寄せ本の一つ。この書き方は好き。5点

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ワタナベ薫

1967年生まれ。メンタルコーチ、作家、ブロガー。株式会社WJプロダクツ代表取締役。美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面、外面からきれいになる方法を独自の目線で分析して、配信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品