ロバート・フルガム

人物・団体ページへ

新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ

ロバート・フルガム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309204086
ISBN 10 : 4309204082
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
池央耿 ,  
追加情報
:
20cm,395p

内容詳細

あの名作が甦った。学校、企業、政界、マスコミで大ブームを起こしロングセラーとなった珠玉のエッセー集。表題作ほか、ぐっと泣かせて思わず微笑む70編の「フルガム節」。

【著者紹介】
ロバート・フルガム : 1937年生まれ。職業を問わると、作家であり、哲学者であると答えている。これまでにカウボーイ、フォーク・シンガー、IBMのセールスマン、画家、牧師、バーテンダー、画塾の教師などの職業を体験し、その間に父親の責任も果たしている。現在、シアトル在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きのたん さん

    少しだけ気の利いた日常の見方をすると、人生の質が変わるような気がする本の改訂版。ほぼ全部が常識的で、少しだけ違うならとても気分がすがすがしくなるが、他人を巻き込んでだんだんルールを変えていくことが多くなってくると、なんだか危ういような感じがしはじめるのはなぜだろう。例え良い方に変わるのだとしても。 個人的には人魚の立ち位置の話と救世軍、インドの恩返しの行方がお気に入り。

  • b-tamn さん

    だいぶ前に頂いた本。何度目かの再読。今読むと、筆者は一種の”ミニマリスト”かも、と思わせる。一見ちょっと偏屈、こだわりがあり、どこか鷹揚で時に好奇心旺盛、童心に帰る。いるいる、こういう人。みんな頭の中でこんな風に考えているなら、ちょっと楽しい。ご年配の方を見る目が変わりそう。

  • ワイルドストロベリー さん

    結局基本が大事だと改めて感じさせてくれる。ロシアの軍人が駐在していた南アフリカに妻が面会に来てくれた時、攻撃で妻が亡くなってしまいその遺体から離れずに捕虜になった話のところでは、<彼はロシア人でもなければ、共産主義者でもない兵隊でも敵でもない。そんな色分けは意味のない事である。その場に置いて彼はただ一人の男として一人の女性を大切にしたのだ。>が心を打った。それと、いつの間にか大きくなった子どもが小さい頃書いてくれた小さなメモについて、宝物とあったが確かにそうだと思い一つにまとめておこうと思った。

  • ゲシャン さん

    作者が人生を通して感じたものを書き連ねた作品。 退屈しそうなものだけど、意外と退屈せずに読み切れました。 なんか普段心で考えて、そのまま通り過ぎてしまうような想いを文に起こしてくれたような感じで。 生き方が違って共感できない部分もあれば、 あったあったと思う場面もありました。

  • art_mr さん

    掲題を始め、人生について大切なことが、牧師である作者の日常生活をメインにして語られている。 個人的には、カタログの話(心の奥の願い)やフィドル(大事なのは見た目でなく音楽性)、やベトナム人の一人聖歌隊の話が印象に残っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロバート・フルガム

1937年生まれ。職業を問われると、哲学者であると答えている。これまでにカウボーイ、フォーク・シンガー、IBMのセールスマン、牧師、バーテンダーなどを体験し、その間に父親の責任も果たした

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品