ロイド・アレグザンダー

人物・団体ページへ

木の中の魔法使い 児童図書館・文学の部屋

ロイド・アレグザンダー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566011120
ISBN 10 : 4566011127
フォーマット
出版社
発行年月
1977年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,269p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あーさん☆転スラ·薬屋·本好き·魔導具師ダリヤ·天久鷹央と続々アニメ最高です!!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠) さん

    中学で読んだ本。表紙に釣られて。

  • 道錬 さん

    おとぎ話を否定しまくるやり取りが面白い。魔法に頼っても立場を逆転させるような大きなことはもともとできないということを一貫しており、そのうえでどのように物事が解決されていくのかが全体の背景だと思う。

  • kodomiru さん

    ロイド・アリグザンダーおもしろい。タランシリーズは中世ですが、これは18世紀。これだけ真っ向勝負で遠慮がない児童文学を久々に読みました(といっても最近絵本が多かったから)のっけの始まりは白ゆきと紅ばらみたいなのに、根性悪い女将やいじくそ悪い森番やこれでもかと悪党の地主やどこまでも思いきれない意気地がない主人。そして向こう見ずな主人公マロリーと魔法が使えないよぼよぼの老人魔法使い。殺人はどんどん起こり根性悪も最高潮に達したときになんと奇跡がおきる。これはすごくおすすめ本

  • Mr.M さん

    「おまえ、ほんとうに価値のあるものが、ただねがうだけで手にはいるなんて、まじめに信じておるのかね?」 ちょっとした名言集のようなお話でした。上手く魔法が使えない魔法使いのおもしろさもありますが、なにより数々の言葉に目を奪われます。特に、主人公との別れの言葉が印象に残りました。自分の旅を生きる。誰かの物語の脇役となるのではなく、自分自身の物語の主役となる。当然のことですが、はっとさせられました。良い作品ですので、是非読んでもらいたいです。

  • cecilia さん

    自分も夢見がちなところを反省。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品