ふしぎの森のミンピン 児童図書館・絵本の部屋

ロアルド・ダール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566003170
ISBN 10 : 4566003175
フォーマット
出版社
発行年月
1993年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,45p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ママは、いつだって、リトル・ビリーがしていいこと、しちゃいけないことを、うるさく言ってきかせていた。してもいいって言われることは、なにもかもつまんないことばっかりだ。しちゃいけないって言われることは、みんなおもしろそうなのにね… ■不思議な森のお話を読みました。『チョコレート工場の秘密』のロアルド・ダールが描く冒険ファンタジーだよ☆ ■日常から一歩踏み出した先には思いもかけない世界が広がっていました。読後に改めて表紙を見たら、あら にっこり♡ 可愛らしいのに スリル満点な児童文学でした☆ (1991年)

  • mntmt さん

    ダールが最後に書いた子どものためのお話。とっても好みの内容で。どうして今まで読まなかったんだ!?ダールの、子どもに向けたメッセージがラストに。ロアルド・ダールは子どもに夢をいっぱいくれたよな…。

  • kokeko さん

    「いつかわからないけど、孫と読む日が来たら一緒に楽しみたい本」のリスト入り。ドキドキの冒険を味わったら、最後のページをていねいに読み聞かせます。

  • 遠い日 さん

    ダールにしたらおとなしめの、しかし、奥行きのあるファンタジー。小さな人が登場するという時点で、わたしは掴まれる。パトリック・ベンソンの細密な絵もすばらしく、不思議の世界を堪能できる。リトル・ビリーが入り込んだ森で起きる、恐ろしくも夢あるできごとにわくわく。信じる者だけが見ることのできるすばらしい世界。わたしにも見せてくれてありがとうと言いたい。

  • ツキノ さん

    三男に読み聞かせ。数日かけて。これはとてもよかった。やはり黙読より音読がアタマに入るし、ストーリーの魅力も引き立つ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ロアルド・ダール

諜報員や戦闘機のエースパイロットであり、さらにチョコレートの歴史家、医学装置の発明家でもあった。また『チョコレート工場の秘密』『マチルダは小さな大天才』『オ・ヤサシ巨人BFG』など、数多くの傑作を執筆。現在も世界で随一の作家として名を残している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品