ルイス・ダートネル

人物・団体ページへ

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

ルイス・ダートネル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309253251
ISBN 10 : 4309253253
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
347p;20

内容詳細

文明が滅びたあと、どう生き残るのか? 穀物の栽培や鉄の精錬、医薬品の作り方など、文明再建の方法から、身の回りのさまざまな科学技術について知り、「科学とは何か?」を考える!

[著者紹介]
レスター大学のイギリス宇宙局の研究者。宇宙生物学が専門。サイエンス・ライティングで数々の賞を受賞しており「ガーディアン」紙や「ザ・タイムズ」紙、「ニューサイエンティスト」誌などに寄稿している。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 夜長月🌙TOKYO読メ会🎶 さん

    何ておもしろそうなタイトルでしょう。現世界が崩壊したとしたら私一人では洋服も自動車もスマホも作れません。専門の医薬品ですら精製して人に使える形にすることは一つもできないでしょう。文明が消え去り、人口が極端に少なくなった中から再興するにはまずは食糧(=農業)が重要です。しかし、自給自足できれば良い訳ではありません。少なくとも1人で10人分の食糧を生み出して残りの9人が社会を構築していく力とならねばなりません。現代の輸送、暦、記録などの様々な分野がとても重要であることがよくわかります。

  • みや@桃色日和 さん

    読書会紹介本。終焉を迎えた世界で、科学技術によって再び文明を取り戻すための手引書。都合の良い世界の消え方なので実際に役立つかは疑問だが、身の周りの物事を深く細かく見つめることで、今までとは違う認識を持つ大切さを強く感じさせられた。中間段階を省いて文明を進めると、過去とは異なる道筋を歩み始めるだろうというパラレルワールド説が興味深い。読み流した難解な説明もあるが、様々な分野について賢くなった気になれる。本当に賢くなるためには、これらの知識を活かさなくてはならず、それは世界が消えてからでは遅い。

  • Tui さん

    『ガラスが溶けた砂からできていること、より正確に言えば純粋なケイ砂(二酸化ケイ素)からできていることは、おそらくご存知だろう』(本著151ページより)。…いや、存じませんでしたわたくし。この本の読み手として設定されているのは、ある程度理系、とくに化学の素養のある人と思われますね。科学文明をどのように再建してゆくか読み解くことは、すなわち今のテクノロジーがいかに多くの創意工夫によって築かれているか知ることでもあります。身の回りのあれもこれも、理系の人あってこその文明なんですね。

  • ノコギリマン さん

    これで、終末世界でイモータン・ジョーになれそうなので、あとは文明が滅びるのを待つだけです。

  • 剣先するめ さん

    ジャケ買いならぬカバー買いをした本書。中身も興味深いものでした。終末ストーリーから始まる思考実験。もしも明日、科学文明が崩壊したら?私たちは鉛筆すら作ることができない。あるいはレシピがあったとして、1本作るのにどれほどの時間を消耗するだろう?先人のトライ&エラーの産物、偶然の発見の蓄積によって現代文明が築かれてきたことを、まざまざと思い知らされる本。失わなければ、ありがたみがわからない不便な私たち。鉄鋼関係の会社勤務なので金属や溶接の項は参考になりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ルイス・ダートネル

イギリス・レスター大学のイギリス宇宙局の研究者で、宇宙生物学が専門。火星における生命の痕跡を探すプロジェクトに関わっている

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品