王さまと王さま

リンダ・ハーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784780802214
ISBN 10 : 4780802210
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26X26

内容詳細

お姫さまと王子さまが結ばれるだけでなく、王子さまと王子さまが結ばれるお話があっていい。オランダで生まれ、世界各国で翻訳されているLGBTをテーマにした絵本。同性を好きになってもちっとも不思議じゃない!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    LGBT教材として。「それから王子さまとお姫さまはしあわせにくらしましたとさ」というお話が当たり前だった私達。この絵本では王子さまと王子さまが結婚する。余計なストーリーもお説教もない。ただあるがままの自然なこととして二人は結ばれる。子どもたちは淡々と受け止めるだろうか?議論になるだろうか?ジョークと受け取るかもしれない。それでもこの本には「こういう在り方もある」と示してくれる、シンプルな力強さがあると思う。

  • たまきら さん

    好きな人に出会う。結婚する。それをあっけらかんと肯定する、反対も何もない。そこが拍子抜けするほど娘に受け入れられるのがおかしかった。ダンス仲間やアート仲間に同性カップルが多いからかな?昨日公演に来てくれた知人が結婚したの!と娘に話したら、彼女「相手は男の人?女の人?」と尋ねたあとに自分で「あ、日本はまだちがうんだった」と訂正。知人が大ウケしていました。

  • 小夜風 さん

    【図書館】月刊MOEのおすすめ新刊絵本に載っていたので読んだのですが、かなり驚かされました。この絵本、2000年にオランダで誕生し、LGBTについては後進国の日本には、15年の時を経てやっと届いたんだそう。女王さまの「わたしがあなたの年のころには、もう2回も結婚していたのよ」発言も、お姫さまが召し使いと恋人になることも含め、いろんな恋愛の形があるんだと、子どもたちにユーモラスに楽しく伝えられることが素晴らしいと思いました。

  • 杏子 さん

    王子さまがお嫁さんに選んだ人は!?かわいいお姫さま……じゃなくって、凛々しい王子さま。こうして、王さまと王さまは結婚して末永く幸せに暮らしましたとさ。これを読み聞かせしたいんだけど、どうでしょう? 性の多様性とか差別はいけないとか言って?何年生に読もうかなぁ?内容的にどきどきですが、ちょうどバレンタインデーも近いし、どうかな? ナンチャッテ!とジョークのように読んではいけませんよねぇ?その後、1年生2クラスに読みました。やはりびっくりしてたけど。まあまあ?な反応かも。微妙なクラスもあったけどね。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    LGBT絵本。コラージュが楽しい。出版されたことに大きい意味があると思います。性的マイノリティに対する差別や偏見をなくす1歩になって欲しい。帯にありましたが、日本の人口の7.6%がLGBT.日本の苗字TOP4の佐藤・鈴木・高橋・田中さんを合計した数より多いそうです。 【SDGs5 ジェンダー平等を実現しよう(LGBTQ)】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品