モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

管楽器のための協奏曲集 フランス・ブリュッヘン&18世紀オーケストラ、エリック・ホープリッチ、トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト、他

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GCDC81129
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


Glossa Cabinet 2021〜スペインから届く古楽の愉しみ
18世紀オーケストラが誇るモーツァルト名録音の中から、3つの協奏曲をセレクション!


巨匠フランス・ブリュッヘンが創設し、古楽オーケストラのパイオニアとして世界の古楽シーンをリードしてきた18世紀オーケストラ。18世紀オーケストラが「Glossa」に残した数々のモーツァルト名録音の中から、3つの管楽器協奏曲をセレクトしたスペシャル・プログラムが「Glossa Cabinet」シリーズより登場。
 首席クラリネット奏者エリック・ホープリッチが、当時の新資料に基づいて復元した楽器(バセット・クラリネット)を用いた録音で話題を呼んだ『クラリネット協奏曲』を筆頭に、長年18世紀オーケストラのオーボエ奏者を務め、エンシェント室内管弦楽団の首席奏者としても活躍する名手フランク・デ・ブライネが艶やかな音色を響かせる『オーボエ協奏曲』、18世紀オーケストラとフライブルク・バロック・オーケストラの首席奏者を兼務するなど古楽大国オランダが誇るナチュラルホルンの世界的名手トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールトが圧巻のテクニックと音楽性を披露する『ホルン協奏曲』といった、モーツァルトの魅力あふれる3曲を収録しています。(輸入元情報)

【収録情報】
モーツァルト:
1. クラリネット協奏曲イ長調 K.622
2. オーボエ協奏曲ハ長調 K.314
3. ホルン協奏曲第3番変ホ長調 K.447


 エリック・ホープリッチ(クラリネット:1)
 フランク・デ・ブライネ(オーボエ:2)
 トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト(ナチュラルホルン:3)
 18世紀オーケストラ
 ケネス・モンゴメリー(指揮:2)
 フランス・ブリュッヘン(指揮:1,3)

 録音時期:2001年2月(1)、2015年10月(2)、2006年6月(3)
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品