CD 輸入盤

歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲 カラヤン指揮ウィーン・フィル、ギャウロフ、ほか(1970年ステレオ)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEOR615033
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

演奏会の熱気ムンムン、アッツアツの『ドン・ジョヴァンニ』
カラヤン自身が『これ以上のメンバーは望めない』
と語った演奏会のライブ録音、遂に登場!!

カラヤンはザルツブルク音楽祭で1960年から1988年の間に何度か『ドン・ジョヴァンニ』を振っていますが、彼自身この演奏が『最上のメンバー』によるものと語っています。
 絶頂期のギャウロフだけでも聴きものですが、ほかのメンバーもこれでもかの熱唱名演。もう何も申し上げられることはございません。ジョヴァンニにしびれるもよし、ツェルリーナに誘惑されるもよし、お心のままに・・・。(K.I.)

モーツァルト:ドン・ジョヴァンニKV. 527(全曲)

レポレッロ:ジェレイント・エヴァンス(Br)
ドン・ジョヴァンニ:ニコライ・ギャウロフ(Br)
ドンナ・エルヴィラ:テレサ・ツィリス=ガラ(S)
ドンナ・アンナ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)
ドン・オッターヴィオ:スチュアート・バロウズ(T)
ツェルリーナ:オリヴェラ・ミリヤコヴィッチ(S)
マゼット:ローランド・パネライ(Br)
騎士長:ヴィクター・フォン・ハーレム(Bs)

ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

ザルツブルク音楽祭1970年7月27日ライヴ録音(ステレオ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Don Giovanni, Opera, K. 527: Ouverture
  • 02. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Introduzione. Notte E Giorno Faticar
  • 03. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Leporello, Ove Sei?
  • 04. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo E Duetto. Ah! Del Padre in Periglio
  • 05. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Ors, Spicciati Presto
  • 06. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. a Chi Mi Dice Mai - Recitativo. Chi L?
  • 07. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Madamina, Il Catalogo - Recitativo. in Questa Forma
  • 08. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Coro. Giovinette Che Fate All'amore
  • 09. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Manco Male Partita
  • 10. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Ho Capito, Signor S
  • 11. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Alfin Siam Liberati, Zerlinetta Gentil
  • 12. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Duetto. L CI Darem la Mano
  • 13. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Fermati Scellerato: Il Ciel Mi Fece Udir
  • 14. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Ah Fuggi Il Traditor
  • 15. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Mi Par Ch'oggi Il Demonio Si Diverta
  • 16. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Quartetto. Non Ti Fidar, O Misera
  • 17. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Povera Sventurata!
  • 18. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo Accompagnato Ed Aria. Don Attavio, Son Morta!
  • 19. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Come Mai Creder Deggio
  • 20. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Dalla Sua Pace la Mia Dipende (KV 540A. Wiener Fassung 1788)

ディスク   2

  • 01. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Io Deggio Ad Ogni Patto
  • 02. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Fin Ch'han Del Vino
  • 03. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Masetto: Senti Un Po'!
  • 04. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Aria. Batti, Batti, O Bel Masetto
  • 05. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Recitativo. Guarda Un Po' Come Seppe
  • 06. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Finale. Presto Presto Pria Ch'ei Venga
  • 07. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Protegga Il Giusto Cielo
  • 08. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 1. Riposate, Vezzose Ragazze
  • 09. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Duetto. Eh Via Buffone, Non Mi Seccar
  • 10. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Leporello. - Signore. - Vien Qui
  • 11. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Terzetto. Ah Taci, Ingiusto Core
  • 12. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Amico Che Ti Par?
  • 13. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Canzonetta. Deh Vieni Alla Finestra
  • 14. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. V' Gente Alla Finestra!
  • 15. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Aria. Met Di Voi Qua Vadano
  • 16. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Zitto! Lascia Ch'io Senta
  • 17. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Aria. Vedrai, Carino
  • 18. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Di Molte Faci Il Lume S'avvicina
  • 19. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Dunque Quello Sei Tu
  • 20. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Aria. Ah Piet, Signori Miei
  • 21. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo. Ferma, Perfido, Ferma
  • 22. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Aria. Il Mio Tesoro Intanto
  • 23. Don Giovanni, Opera, K. 527: Act 2. Recitativo Accompagnato Ed Aria. in Quali Eccessi, O Numi (KV 540C. Wiener Fassung 1788)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
だから、その後のクラウスはあまり私は評価...

投稿日:2008/03/04 (火)

だから、その後のクラウスはあまり私は評価していない。とにかく60年代後半からの10年間が全盛期で、この頃の歌はどれももの凄かったから。彼のオペラ・デビューはカラスの「椿姫」のアルフレード役(’58年)だが、名唱と言われたライブ録音だが、クラウスの歌は、まだ完成していない。60年代前半はRCAと契約していたが、まだ盛時に比べると物足らなかった。 だから、69年の「ドン・ジョヴァンニ」(クラウス盤)を出して欲しかった。

ITO さん | 横浜 | 不明

3
★
★
★
★
☆
続きです。69年盤は、歌手では、とにかく...

投稿日:2008/03/03 (月)

続きです。69年盤は、歌手では、とにかくクラウスがずば抜けて素晴らしかった(70年盤もクラウスがバロウズに代わっただけで主役級は同一)。失礼だがバロウズではクラウスの足元にも及ばない。全盛期のクラウスの録音は、録音自体が少なく(スペインのカリオン・レーベルに幾つかアリア集が残されているが、これはオペラ・ファンなら必聴の名盤だ。)EMIと契約したのが70年代後半で、残念なことに盛時を少々過ぎていた。

ito さん | 横浜 | 不明

3
★
★
★
★
☆
優れた演奏であることは承知した上で、敢え...

投稿日:2008/03/02 (日)

優れた演奏であることは承知した上で、敢えてオルフェオに苦言を呈したい。ザルツでもカラヤンのドン・ジェヴァは、この前年の’69年の録音も残されている。両盤とも以前にアルカディオから出ていた。69年盤はドン・オッターヴィオがアルフレッド・クラウスで、その出来は、これまで聴いたどのドン・オッターヴィオより素晴らしい最高の出来栄えだった。否、その歌唱を凌ぐことは、恐らく今後も無いであろうほど凄かった。クラウス全盛期のものだけのことはある。今回のリリースにあたり何故69年盤を選ばなかったのか(怒!)。

ito さん | 横浜 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品