モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

Hi Quality CD

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番 ヒラリー・ハーン、パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィル(MQA/UHQCD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG41046
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

ハイレゾCDクラシック名盤
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番


【MQACD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベル・コート】【生産限定盤】
ヒラリー・ハーンが自身の演奏活動におけるレパートリーの柱であり、「私の一部です」とまで言うこれら2曲の協奏曲。パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルという最高の共演者とともに生き生きとした輝かしい演奏を展開しています。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219 『トルコ風』
2. ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調 Op.31


 ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

 録音:2012年12月ブレーメン(1)、2013年8月シュトゥーア(2)

【ハイレゾCD クラシック名盤シリーズ】
96kHz/24bitのHDマスターを88.2kHz/24bitに変換して収録。
※ハイレゾCD名盤シリーズは、全てのCDプレーヤーで再生可能(44.1kHz/16bit)な高音質CD(UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。
※詳しくはhires-cd.jpをご参照ください。
※本作にクリアファイル帯は付属しません。(メーカー資料より)

内容詳細

ヒラリー・ハーンが愛奏するふたつのヴァイオリン協奏曲、モーツァルトの第5番とヴュータンの第4番を録音。パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルという最高の共演者とともに、どこまでも輝かしい演奏を繰り広げている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品