SHM-CD

ピアノ協奏曲第20番、第25番 アルゲリッチ、アバド&モーツァルト管弦楽団

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1649
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明


モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第25番
アルゲリッチ、アバド&モーツァルト管弦楽団
2013年ルツェルン・イースター音楽祭ライヴ!


アルゲリッチとアバドは相性が良いようで、若い頃から折に触れて共演、すでにその歴史は半世紀近いものとなっています。
 今回登場するモーツァルトの2作品は、彼らの顔合わせでは初のレパートリーということでも注目度の高いところです。
 アルゲリッチは第25番をシモン・ゴールドベルク指揮で1978年に録音(EMI)、第20番をラビノヴィチ指揮で1998年に録音(WARNER)しており、アバドは、第25番をゼルキン、グルダと録音(DG)、第20番をピリス、ゼルキン、グルダと録音(DG)していました。
 華麗で壮大な第25番、ほの暗い情念の渦巻く第20番ともに、彼らにとって馴染みのレパートリーということでもありますが、今回、多くの経験を蓄積した二人と、アバドが創設した若いオーケストラが共演することで生み出された音楽がどのようなものか、とても気になるところです。(HMV)

【収録情報】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466

 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 モーツァルト管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:2013年3月
 録音場所:ルツェルン、KKLホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

アルゲリッチとアバドという現代を代表する巨匠二人の競演によるモーツァルトのピアノ協奏曲集。第14番から続く連作を締めくくる華麗で雄大な第25番、モーツァルトが初めて短調で書いた第20番を収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アナログ盤を聴きました。現代におけるピア...

投稿日:2017/08/21 (月)

アナログ盤を聴きました。現代におけるピアノ界、指揮界の大御所のコンビによる演奏で、悪かろうはずがありません。若い頃のようなスリリングな演奏ではないものの、気心知れた大家が、昔話を語るように、この落ち着いた語り口の演奏は、アナログ重量盤で聴くのにふわさしいです。アバドの死によりこのコンビの演奏が聴けません。ジャケット裏面には若き日のアルゲリッチとアバドの写真(1960年代後半?)。40年以上にもわたって協演し続けたなんて二人は幸せだったんだなぁと思いますし、それをこうしてディスクでたどることができることに感謝します。

ドンナー さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
アバドが死の直前に素晴らしいモーツァルト...

投稿日:2015/02/18 (水)

アバドが死の直前に素晴らしいモーツァルトを残してくれたことに感謝。また美しい個性的な音色で共演したアルゲリッチにも感謝。30年以上前にロンドンのバービカンホールでアバドLSOの演奏を聴いたのを思い出しました。リゲティとマーラーでしたが、ケレンのない引き締まった音楽に感動しました。この演奏を聴いて、その頃と比べると、アバドの音楽づくりが進化しているのだと実感しました。この演奏では、弦楽に古楽風の処理がされているなど、音響や響きの奥行を良く考えており、また録音もその意図をそれなりにとらえているように思います。この二つの曲は、録音もライブもさんざん聴いており、また素晴らしい演奏がたくさん残っています。しかしながら、アバドとアルゲリッチは、初めて聴いた時の感動を呼び起こしてくれる「新鮮さ」を伝えてくれます。

北途 啓 さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
およそモーツァルトの演奏を、こんなにワク...

投稿日:2014/06/25 (水)

およそモーツァルトの演奏を、こんなにワクワクドキドキしながら聴いた記憶はない。 音楽と戯れるかのような感興に溢れ、緻密さと即興性が絶妙の感覚でブレンドされている。 数々の演奏で耳に馴染んだ曲であるにもかかわらず、次はどんな風に展開するのだろう、と息を呑むような思いで聴いた。 アルゲリッチの独自の世界に、アッバードの指揮ぶりも当意即妙の呼応をする。 数ある同曲演奏の中でも、極めて個性的な名演。

ジャン=ルイ さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品