CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第14、15、17、22、27番 リヒテル(ピアノ)バルシャイ&モスクワ室内管弦楽団(2CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DHR7909
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Canada
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

リヒテル第14集/モーツァルト:ピアノ協奏曲ライヴ集(2CD)
巨人リヒテルとバルシャイの顔合わせ
モーツァルト協奏曲ライヴ集

1994年の東京公演でも実現したリヒテルとバルシャイの顔合わせによるモーツァルト。15番と27番をのぞいておそらく初出。データで27番は5月となっていますが、既出の4月23日のものと同一のものではないかと思われます。22番と27番ではブリテンとのライヴ(BBCL4206)もたいへん素晴らしいものでしたが、リヒテルが弾くモーツァルトのコンチェルトはそもそも録音が少ないので、このたびのリリースはファンにはうれしいところです。すべてモノラル。(キングインターナショナル)

モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第14番変ホ長調KV.449
 録音:1973年5月27日、モスクワ(ライヴ)
・ピアノ協奏曲第15番変ロ長調KV.450
 録音:1968年2月6日、レニングラード(ライヴ)
・ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453
 録音:1969年1月4日、レニングラード(ライヴ)
・ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
 録音:1966年9月27日、モスクワ(ライヴ)
・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
 録音:1966年5月、モスクワ(ライヴ)
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 モスクワ室内管弦楽団
 ルドルフ・バルシャイ(指揮)

(ボーナス)
・ピアノ・ソナタ第15番ハ長調 K.545
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 録音:1989年(ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. リヒテル第14集/モーツァルト:ピアノ協奏曲ライヴ集

ディスク   2

  • 01. <!-- -->

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品