ミシェル・ローリセラ

人物・団体ページへ

モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック

ミシェル・ローリセラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766133684
ISBN 10 : 4766133684
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;21

内容詳細

アーティスティックで総合的な人体デッサンのアプローチ、モルフォロジーの視点から、多様な人体デッサンを紹介。骨格、筋肉組織、解剖ディテール、動作の様子など、新たな視点から人体を観察するヒント満載!持ち歩きにも便利な、必読の1冊!!

目次 : 序文/ はじめに/ 頭部と頸部/ 体幹/ 肩/ 上肢/ 下肢/ 生体

【著者紹介】
ミシェル・ローリセラ : パリ国立高等美術学校卒業。20年にわたり、リヨンのエミール・コール美術学校、パリ・アトリエ・デ・ボザール、ゴブラン美術学校にて、モルフォロジーの講義を行う。現在はパリLisaa(応用アート高等学校)およびアトリエFabrica114(ファブリカ114)の教授を務めている

布施英利著 : 美術批評家、解剖学者。東京藝術大学大学院美術研究科博士課程修了(学術博士)。東京大学医学部助手(解剖学)を経て現在に至る。著書および監修書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ビックママ さん

    形態学(器官や組織の肉眼的・可視的な特徴)による人体を描くための新テクニックとある。これは読むというより、手元に置いて、人物を描く際に骨や筋肉はどうなっているのか?確認するのに役立つのではないか?と思った。

  • tea_pod0212 さん

    これは見て描いて構造を理解するための本

  • すみお さん

    2018年にまるまる1冊模写。全部描き終える頃には全身の絵を描くのが好きになっていた。

  • 両儀式 さん

    参考にはなるのだけど、描き方というよりは形態学によるデッサン集。男女ごちゃ混ぜになっているので、もう少し整理して記載してほしかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ミシェル・ローリセラ

パリ国立高等美術学校卒業。20年にわたり、エミール・コール美術学校、パリ・アトリエ・デ・ボザール、ゴブラン美術学校にて、モルフォロジー(形態学)の講義を行う。現在はパリLisaa(応用アート高等学校)およびアトリエFabrica114で教授を務めている

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品