CD

交響曲第6番『悲劇的』 サイモン・ラトル&ベルリン・フィル(2CD:2018年&1987年ライヴ+BD:2018年ライヴ)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC9351
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
Blu-ray Disc付き

商品説明


2018年6月ライヴ!
ラトル&ベルリン・フィルによる、マーラー:交響曲第6番
16年間に渡る旅の最後の記録!


2018年6月にベルリン・フィルの首席指揮者を退任したサイモン・ラトルが、本拠地ベルリンのフィルハーモニーで行った首席指揮者として最後のコンサートの模様をおさめたライヴCDと映像が発売されます。
 演目は、1987年にラトルがベルリン・フィルにデビューした時と同じ「マーラーの交響曲第6番」。2002年の就任から16年間という、ひとつの大きなチクルスが閉じるような印象的なプログラムが最後の公演で選ばれました。最初の出会いとなった1987年11月の演奏会は、当時ラトルは32歳、自身も「ただの髪がもじゃもじゃの奇妙な若者だったが、オケはとても友好的に迎えてくれた」と振り返っているように、集中力と気力に満ちた若きラトルだからこその熱演を繰り広げています(この演奏も当アルバムに収められています)。
 ラトルにとってマーラーの第6番は特別な楽曲。1987年のベルリン・フィル・デビュー、そして2005年ウィーン楽友協会大ホールでのベルリン・フィル、ウィーン・フィルの合同演奏会のときと、記念碑的な演奏会で取り上げています。
 ラトルとベルリン・フィルの16年間は輝かしいものでありましたが、決して順風満帆ではなかったでしょう。世界一のオーケストラを率いるということは、たとえ首席指揮者という立場であっても楽なものではないでしょう。本アルバムに同梱されている16年の軌跡を追ったドキュメンタリー映像でもラトルもそのことに言及しています。しかし、ラトルとベルリン・フィルの16年間に渡る旅の最後に待ちかまえていたのは、オーケストラやラトルさえも予想のつかない歴史的な演奏となりました。演奏会のライヴ映像でも、その感動を味わうことができます。
 さらにオリジナルのブックレットには、ベルリン・フィルとラトルのこれまでの記録を含めた写真が満載。ラトルとの16年間を締めくくるに相応しいアルバムとなっています。(写真©Monika Rittershaus)(輸入元情報)


【収録情報】

Disc1(82:15)
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』(I. 23:52/ II. 15:26/ III. 12:50/ IV. 29:53)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:2018年6月19,20日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル 24bit/192kHz/ライヴ)

Disc2(79:31)
● マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』(I. 23:06/ II. 15:01/ III. 12:23/ IV. 28:33)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:1987年11月14,15日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 アナログ・テープからのデジタル・リマスタリング

【Blu-ray Disc】
映像:
● コンサート/マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・サイモン・ラトル(指揮)
 収録時期:2018年6月20日
 収録場所:ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
 音声:PCMステレオ(16bit/48kHz)、5.1DTS-HD MA(16bit/48kHz)

● ドキュメンタリー/サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィル16年間の軌跡(67分)
 字幕:英独西韓日
 音声:PCMステレオ(16bit/48kHz)

 画面:カラー、16:9、Full HD
 Region All

音声:
● マーラー:交響曲第6番(2018年ライヴ):PCMステレオ(24bit/96kHz)、5.1DTS-HD MA(24bit/96kHz)
● マーラー:交響曲第6番(1987年ライヴ):PCMステレオ(24bit/96kHz)

*ハイレゾ・ダウンロード・コード [192kHz/24bit]
*デジタル・コンサート・ホール7日間無料視聴
 日本語帯・解説付

内容詳細

ラトルとベルリン・フィルの過ごした時間が凝縮されて納められた、ラトル芸術を知る貴重なアルバムだ。最初の顔合わせ(87年)と締めくくり(2018年)に演奏されたマーラーの第6交響曲。この間、89年にCBSOを振ってEMIに同曲を録音しており、すべて2&3楽章入替版を使用。(田)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2018年6月20日、ラトルのベルリン・フィル...

投稿日:2018/11/12 (月)

2018年6月20日、ラトルのベルリン・フィル首席指揮者としての最後の演奏会のライブ。ライブといっても、1回限りのものではなく、複数の演奏会を録って編集したものだそうで、完成度はビシッとしています。ラトルについては、はっきり言ってファンではなかったのですが、ここでの演奏にはちょっとビックリ。別格だと思います。NHKでも放送された映像やドキュメンタリー(本商品に所収)を観るとよりよく分かるのですが、16年のラトル時代の到達点を見る思いです。ラトルとベルリン・フィルが一心同体となって、ひとつの演奏を作り上げていることがひしひしと伝わってきます。ラトルについては一般論として、蒸留水のような薄味さ、素気なさがあると思うのですが、ここではそうした側面をかなぐり捨てた、「本気」の演奏が聴かれます。彼って、こんなに素晴らしい指揮者だったんですね〜。特に終楽章が神がかり的な出来で、ベルリン・フィルが、ものすごいエネルギーで弾いています。その音圧、感情的な強度は、他のオケではあり得ません。単に圧倒されるだけでなく、妙に説得力があり、「この楽章が初めて完全に理解できた」と思わされます。一部かなり前のめりになっていますが、それが感情的な強度として表れていて、固唾を呑んで聴いてしまいます。全曲を聴いた後、「悲劇的に打ちのめされる」というよりは、どこか晴れやかで「何かが解決した」と感じられるところもユニークです。ラトルとベルリン・フィルが到達した関係性を物語っているのかもしれません。、

thmskssl さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
クルレンツィス盤と発売日が近いので比較さ...

投稿日:2018/10/30 (火)

クルレンツィス盤と発売日が近いので比較されがち。この(2018)演奏はPrimeseatでの聞き逃し配信のときからエアチェックで何度も何度も聴いてきました。スネアがあり得ないほどうまくて笑ってしまう冒頭から、だんだんと後半楽章に向けて熱を帯びていくように見事に構成されていて、そこに首席最後のラトルの感情が入り混じって、第一楽章では提示部繰り返し二回目のアルマの主題のほうが感情がこもっていたり、終楽章では鉄壁のアンサンブルが綻びかけるほど煽るところがあったり(これはこの演奏ではむしろ味だと思います)、細かく聴けばそこかしこに発見があるのですが、それでも徹底的にハードな演奏であるクルレンツィス盤と比較して聴くと「ああ、マーラーを聴いているな」という気持ちになるのは、流石もうベテランのマーラー指揮者となったラトルの円熟、そして硬軟自在なそのサウンドによるということなのでしょう。わたしの聴く彼の演奏の中では、DCH所蔵の8番(クーベリックに並ぶ名演!)と並び最も好きな演奏です。

Seiru さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
本製品が届いてから一週間もたたないうちに...

投稿日:2018/10/28 (日)

本製品が届いてから一週間もたたないうちに届いたクルレンツィス先生の最新盤とつい比較してしまうのですが、ラトル先生のマーラー6番はやはり円熟・完成度の高さで流石ですね。これ、映像付きのライブですが、セッションであるにもかかわらずライブ感の強いクル先生の破壊的なスリリングさこそ無いけれど、まさにそれ故にファースト・チョイスとして誰にもお薦めできる新盤です。ここは仕様について語りたく思います。既発売のベートーヴェン交響曲全集・シベリウス交響曲全集のようにブルーレイ盤がオーディオ用と映像用と別々のディスクに分かれているのではなく、1987年のこれまた有名なラトル先生ベルリン・デビューの第6も含めてすべて1枚のディスクに収まっております。音声もさすがに87年版は5.0チャンネル仕様は無いけれど、映像及びピュア・オーディオ共に2018版は2.0と5.0チャンネルが選べますので、同一ソースの一つの演奏をなんと4通り、それに87年盤音声が加わると、ラトル先生マラ6を5通りも一枚のディスクで鑑賞できる、ということはディスク入れ替えなしで楽しめる、という今までにない仕様となっております。オーディオ・ヴァージョンに切り替えておいて2018年盤を聴いておりましたら、例の最後のイ短調の爆発のあと、今度は30年の年月を一気に遡って87年版の演奏が勝手に始まります。ザッザッザ、とね。マラ6が終わって直後にまたマラ6が始まるってなかなかシュールで強烈な体験ですよ。その87年版も従来盤からリマスターされているようで音が整って大変聴きやすくなっておりました。洗練された印象です。もちろんミスの修正などない貴重な記録ですので内容は昔のまま。変なとこでシンバルが鳴るあの演奏に間違いありません。

John Cleese さん | 静岡県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品